金融の記事一覧

「ソニー」から「ソニーグループ」へ、変わるのは社名だけじゃない

「ソニー」から「ソニーグループ」へ、変わるのは社名だけじゃない

「ソニー」から「ソニーグループ」へ。2021年4月1日に社名変更するソニー。だが、社名に「グループ」がつくだけではない。この社名変更にはソニーが創業以来のDNAを事実上「放棄」する意味が込められている。

記事を読む
『天使のくれた時間』ウォール街の凄腕金融マンがIFの世界に迷い込んで

『天使のくれた時間』ウォール街の凄腕金融マンがIFの世界に迷い込んで

『天使のくれた時間』は、現実とは全く違う“IFの世界”に放り込まれたウォール街の凄腕金融マンが主人公。演じるのはニコラス・ケイジ。フランク・キャプラ監督の『素晴らしき哉、人生!』をモチーフにしたSFファンタジー作品です。

記事を読む
一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅧ|間違いだらけのコーポレートガバナンス(19)

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅧ|間違いだらけのコーポレートガバナンス(19)

イベリア半島諸王国はユダヤ教徒を国王隷属民として管理し、様々な宮廷業務-とりわけ資金調達業務に従事させた。これはユダヤ教徒の金融業としては「ホールセール」にあたる。その内容は単なる融資や貸付とは異なるものだった。それが「徴税請負人」である。

記事を読む
一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅦ|間違いだらけのコーポレートガバナンス(18)

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅦ|間違いだらけのコーポレートガバナンス(18)

ユダヤ教徒は貿易業などの本業を営みつつ、多角化の一環として金融業を早くから営んでいた。ユダヤ教徒の金融業の発展過程とその背景について書いてみたい。キーワードは「宮廷ユダヤ人」だ。そして舞台はイベリア半島(現在のスペインとポルトガル)である。

記事を読む
トムソン・ロイターからリフィニティブへ-M&A市場を深耕

トムソン・ロイターからリフィニティブへ-M&A市場を深耕

米トムソン・ロイターは自社のファイナンシャル・リスク(F&R)部門株の55%をで米ブラックストーンに売却した。「リフィニティブ」と社名を変え、引き続きニュースやデータ、分析などの金融情報を提供する。新生リフィニティブの日本での戦略はいかに。

記事を読む
九州FGは地域金融の中核となるか|ご当地銀行の合従連衡史

九州FGは地域金融の中核となるか|ご当地銀行の合従連衡史

ご当地銀行の合従連衡史の4回目は、鹿児島。地元金融界の支柱的な存在である鹿児島銀行は2015年、熊本の肥後銀行と共同株式移転方式(持株会社の設立)により合併し、九州フィナンシャルグループ(九州FG)の子会社となった。

記事を読む
スルガ銀行で何が起きているのか?

スルガ銀行で何が起きているのか?

社会問題化しているシェアハウス運営会社の経営破綻で、貸し手責任が厳しく問われるスルガ銀行。第三者委員会の調査や金融庁の検査で審査資料の改竄や、同行創業家の岡野光喜会長への不透明な融資など様々な疑惑が湧き上がっている。

記事を読む
​巨大銀行も中小企業の「M&A」支援を強化 三菱UFJ銀行がファンドに出資

​巨大銀行も中小企業の「M&A」支援を強化 三菱UFJ銀行がファンドに出資

​三菱UFJ銀行が中小企業の事業承継問題の解決支援に乗り出した。「夢承継3号ファンド」に出資することで、中小企業の事業承継をはじめ、成長戦略などの経営課題の解決を支援する。

記事を読む
地銀の経営統合に道 長崎の銀行がモデルに

地銀の経営統合に道 長崎の銀行がモデルに

ふくおかフィナンシャルグループと十八銀行の経営統合が2年半の歳月をかけてようやく実現することになった。今後の地銀同士の経営統合のモデルになりそうだ。

記事を読む
青森と弘前 鎬を削る街と銀行|ご当地銀行の合従連衡史

青森と弘前 鎬を削る街と銀行|ご当地銀行の合従連衡史

“ご当地銀行”の合従連衡史の3回目は、青森。青森にはみちのく銀行と青森銀行の2つの有力地銀があるが、行員数、支店数などで、ほぼ互角の両銀行の歴史をたどっていくと、県内の主要都市である青森市と弘前市の“せめぎ合い”の歴史が感じられる。

記事を読む
【楽天】(2) 「脱・通信販売」を見すえたM&Aにアクセル

【楽天】(2) 「脱・通信販売」を見すえたM&Aにアクセル

M&Aで巨大企業になった代表銘柄の楽天。大手国内インターネット通販(EC)サイト「楽天市場」で成長し、2017年4月までに国内で10件のEC関連企業買収を成し遂げた。が、2017年以降はEC企業の買収はなく、脱通信販売の傾向が強まっている。

記事を読む
 猪浦道夫の金融・経済英語クイズ【ビジネス、経済でよく耳にする法令用語】

猪浦道夫の金融・経済英語クイズ【ビジネス、経済でよく耳にする法令用語】

金融・経済英語クイズです。今回は「ビジネス、経済でよく耳にする法令用語」を集めてみました。

記事を読む
 猪浦道夫の金融・経済英語クイズ【ビジネス、金融業界の口語表現】

猪浦道夫の金融・経済英語クイズ【ビジネス、金融業界の口語表現】

金融・経済英語クイズです。今日は「金融関係の口語表現」を集めてみました。

記事を読む
猪浦道夫の金融・経済英語クイズ【金融業界で使いそうな動詞表現】

猪浦道夫の金融・経済英語クイズ【金融業界で使いそうな動詞表現】

今回は、「金融業界で使いそうな動詞表現」を集めてみました。どのぐらい言えますか。

記事を読む
作家・黒木亮が選ぶ「金融という戦場の掟を知る」ための本

作家・黒木亮が選ぶ「金融という戦場の掟を知る」ための本

ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」で好評の「ブックツリー」は、本の専門家たちが独自の切り口で自由におすすめの本を紹介する企画。その数あるブックツリーの中から、ビジネスパーソン向けのものを編集部が厳選! 今回は、作家・黒木亮が金融の世界を垣間見れる本をセレクトする。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】日本アジア投資新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】日本アジア投資新株予約権(有償ストックオプション)発行

日本アジア投資が有償新株予約権を発行した。この有償ストック オプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存 株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

記事を読む
「三重銀行・第三銀行取引企業」調査 経営統合に向けて交渉

「三重銀行・第三銀行取引企業」調査 経営統合に向けて交渉

地銀の再編が相次ぐなか、三重銀行と第三銀行が経営統合に向けて交渉を進めていることが明らかになりました。東京商工リサーチによる三重銀行と第三銀行、百五銀行をメインバンクとする企業を調査した記事を取り上げます。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】インヴァスト証券新株予約権(有償ストックオプション)の発行

【ストックオプション事例研究】インヴァスト証券新株予約権(有償ストックオプション)の発行

FX自動売買サービスを提供するインヴァスト証券が有償新株予約権を発行した。この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】ジャパンインベストメントアドバイザー有償ストックオプションの発行

【ストックオプション事例研究】ジャパンインベストメントアドバイザー有償ストックオプションの発行

金融ソリューション事業および日本証券新聞などメディア関連事業を行っているジャパンインベストメントアドバイザーの新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】Jトラスト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

【ストックオプション事例研究】Jトラスト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

今回は、金融・不動産・アミューズメント事業などを行うJトラストの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

記事を読む
【みずほフィナンシャルグループ】メガバンクが描くマイナス金利時代の経営戦略

【みずほフィナンシャルグループ】メガバンクが描くマイナス金利時代の経営戦略

マイナス金利の導入による収益環境の悪化、フィンテックの台頭、地域金融機関の再編など課題は山積みの金融機関。それはメガバンクにおいても今後の経営を楽観視できない状況である。みずほフィナンシャルグループの今後取るべき経営戦略について検証する。

記事を読む
「日系企業のイギリス進出状況」調査

「日系企業のイギリス進出状況」調査

2016年6月23日、 イギリスは欧州連合(EU)からの離脱を問う国民投票を実施する。EUからの離脱が選択され た場合、2018年6月までに「リスボン条約(欧州連合条約および欧州共同体設立条約を修正するリスボン条約)」の適用は停止されることになる。EUに加 盟していたことに伴う、経済的なメリットを失うことになり、イギリスのみならず世界経済に大きな影響を与える可能性が指摘されている。今回は、日系企業のイギリスへの進出状況を調査した。

記事を読む