「3つの視点で会社がわかる 「有報」の読み方(第3版)」|編集部おすすめの1冊

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本を紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「3つの視点で会社がわかる「有報」の読み方(第3版)」  EY新日本有限責任監査法人編、中央経済社刊 

有価証券報告書には、企業に関する有用な情報が詰まっているものの、年々記載内容が増え、必要な情報がどこに記載されているのかが分かりにくくなっている。

こうした問題を踏まえ、3つの視点(大局的な視点、ストーリー別の視点、項目別の視点)で整理することで、有価証券報告書からどのような情報が読み取れるのか、どこから読み、 どう分析できるのか、といったことをまとめたのが本書だ。

3つの視点に沿って、まずは有価証券報告書を大局的に俯瞰し、全体の構成を理解できるようにし、次に企業にさまざまな出来事が発生した際に、有価証券報告書がどのように動くのかをストーリー別にまとめた。最後に、個々の詳細な情報にあたることで、バラバラだった情報がつながり、企業のビジネスや実態が見えるように工夫した。

3つの視点で会社がわかる「有報」の読み方(第3版)

2013年に第1版を発行したあと、2017年の第2版を経て、今回第3版を発行。収益認識に関する会計基準、時価の算定に関する会計基準、会計上の見積りの開示に関する会計基準などの改正内容を反映させ、内容をアップデートした。

さらに国際財務報告基準(IFRS)適用会社が年々増加しているため、IFRSの専門家が執筆に加わり、IFRS特有の論点に関する読み方も新たに掲載。

子会社の買収や海外企業の買収などのM&Aに関する部分では、関係会社の状況の記載や、連結の範囲の拡大、さらにはセグメント情報で新たなセグメントが加わるなど、さまざまなカ所に発生する影響に言及した。

一般投資家や企業の実務担当者向けに書かれているが、執筆者らは「有価証券報告書を作成する側でも、有価証券報告書に記載された情報の関連性や整合性に着目することで、作成した情報に誤りがないかのチェックを行うことが可能」としている。(2022年4月発売)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「男女の賃金格差についての開示」と「人材への投資」(続き)

「男女の賃金格差についての開示」と「人材への投資」(続き)

2022-07-20

女性活躍推進法の省令改正が予定されており、上場会社に限らず常時雇用労働者が301名以上の企業において男女の賃金格差についての開示が必要になります。改正法令は2022年7月に施行され、3月決算であれば2023年6月頃から開示が行われます。