中小企業M&A の真実 決定版|編集部おすすめの1冊

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本を紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「中小企業M&Aの真実 決定版」 藤井一郎著 東洋経済新報社刊

「M&A」といえば、大手企業による大型買収が思い浮かぶが、現実には中小企業のM&Aが圧倒的に多い。正確な件数は明らかではないが、著者によると年間2万件程度のM&Aが実施されているのではないかと予想している。

本書はM&Aの大半を占める「中小企業M&A」についての解説書である。Q&A形式の構成で、全50問にわたって中小企業M&A市場の状況や売り手、買い手、M&A資金を提供するファンド、仲介会社について、それぞれ分かりやすく解説する内容だ。

中小企業M&Aの真実 決定版

「中小企業はどのように企業評価しますか?」「いつが会社売却のベストタイミングですか?」「買収するときの成功のポイントは何ですか?」「ファンドとはどのように交渉していくのですか?」「どのように自社に合う仲介会社を見分ければいいのですか?」など、具体的な内容となっている。

著者は「中小企業のM&Aについての誤解が多い」と嘆く。中小企業M&Aを正しく理解してもらうために、「ここまで書いていいものか」と思うような内容にまで踏み込んだという。

中小企業の社長には「経営者人生における有力の選択肢」として、買い手企業には「経営戦略の一つ」として、M&Aの活用を考える上で参考になる1冊だ。

ユニークなのはM&A仲介業界での就職を希望する人にも役立つこと。「求職者の立場から見て、仲介会社間でどのような違いがありますか?」「M&A仲介会社の給与体系はどうなっていますか?」といった内容にも踏み込んでいる。

M&A業界の全体を俯瞰(ふかん)している解説書でもあり、「読み物」としても面白い。興味があるテーマから「つまみ読み」をしても全く問題はなく、気軽に楽しめる。(2021年5月発売)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【中小企業のM&A】「大手の傘下に入る」「不動産M&A」…売り方をいろいろ考えてみる

【中小企業のM&A】「大手の傘下に入る」「不動産M&A」…売り方をいろいろ考えてみる

2021/05/21

コロナの影響がほぼ全ての業種に出てきている昨今、長期化の影響から、最近は個人事業主や零細企業では心が折れる形での廃業、休業が増えてきている。そこで、売手企業の選択肢を増やすためにも新しい視点での譲渡方法について考えてみたい。