ロシアはなぜ天然ガスに「弱い」ルーブルでの支払いを要求した?

alt
実は難しいルーブルでの決済(Photo By Reuters)

ロシアは4月1日から、日本や西側欧米諸国など「非友好的」と指定した国が天然ガスを購入する場合、ロシア通貨のルーブルでの支払いを義務づけた。現在、ロシアからパイプラインで天然ガスを輸入しているドイツなどの欧州諸国はユーロで支払っている。

欲しいのは「外貨」のはずなのに?

しかし、ウクライナ侵攻でルーブルが暴落したロシアにとっては、ユーロやドルといった国際的に通用する外貨の方がはるかにありがたいはず。なぜ、ロシア政府は自国通貨(ルーブル)での支払いにこだわるのか?

これはルーブルの「弱さ」を逆手に取った作戦だ。実は国際的な決済にルーブルが使われることは、ほとんどない。通常はロシア企業から資源や製品を購入した場合、ドルやユーロで支払われる。ロシア企業もそれを望む。なぜならルーブル払いでは、外国企業の製品やサービスを売ってもらえないからだ。

決済通貨として使われないということは、ロシア以外にはルーブルがほとんど存在しないことを意味する。つまりルーブルで支払うためには、ロシアからルーブルを調達するしかないのだ。プーチン大統領は、その「手順」を示している。

NEXT STORY

東京の地下鉄駅はウクライナのようにシェルターとして使えるか?

東京の地下鉄駅はウクライナのようにシェルターとして使えるか?

2022/03/30

ウクライナ侵攻でロシア軍による爆撃から身を守るため地下鉄の駅に避難する首都キエフ市民の様子が報じられている。一方、3月24日には北朝鮮から弾道ミサイルが発射された。日本の首都・東京の地下駅はキエフ同様にシェルターとして利用できるのだろうか?