トップ > ビジネスと経済 > 不祥事 >「いきなり地元企業と言われても…」大炎上中のビッグモーターに困惑の声

「いきなり地元企業と言われても…」大炎上中のビッグモーターに困惑の声

alt
ビッグモーター岩国店(山口県岩国市川西)

損害保険の不正請求事件など一連の不祥事で大揺れのビッグモーター。創業の地である山口県岩国市は三井化学や日本製紙、旭化成子会社の旭化成建材といった大手企業の出先工場が経済を支えており、2022年9月期に7000億円もの売上高があるビッグモーターは地元にとっては唯一の大企業と言っていい。そんな同社に、地元の人たちはどのような印象を持っているのか?

実は「獺祭」の酒蔵と同郷のビッグモーター

「ビッグモーターが岩国の企業だと、今回の報道で初めて知った」(30代女性パート社員)。意外にもビッグモーターの地元での存在感は小さい。1976年に岩国市の郊外商業集積地である南岩国町で個人経営の「兼重オートセンター」として創業。1980年2月に現社名の「ビッグモーター」に改称した。43年にわたって同じ看板を掲げているわけだが、「全国チェーンの一営業所」の印象しかないのが現状だ。

その理由はビッグモーターが「岩国の会社」と積極的にアピールしなかったことがある。事業規模は小さいが、「獺祭」を醸造する旭酒造が岩国市の企業であることを積極的にアピールしているのと対象的だ。旭酒造は地元での雇用に積極的だったり、観光客を呼び込む「獺祭ストア 本社蔵」の開設など地域貢献策を展開したりしている。「岩国を代表する企業と言えば旭酒造」(関西から帰省した男性30代会社員)と言われるのも当然かもしれない。

NEXT STORY