menu
Social media

ビジネス

【米国ベンチャーM&A】ビッグデータ関連投資の加熱ぶりに一服感、IPOやM&Aでもバリュエーション調整続く

Cover a47ac348 c8b1 4d34 9670 059edcd3f0fd

M&A Online編集部です。米国ではビッグデータ関連のIPOM&Aが増えてきている一方、投資ブームで加熱したバリュエーションに調整が入っているようです。米国シリコンバレー在住のTransCap代表 坂崎昌平氏が現地からレポートします。

 ◇   ◇

ビッグデータ関連投資の加熱ぶりに一服感、IPOM&Aでもバリュエーション調整続く

日本では大型連休の締めくくりとなった先週末、シリコンバレーは爽やかな晴天に恵まれ、各地で様々な野外イベントがありました。もともとはシンコ・デ・マヨ(スペイン語で5月5日の意味)というメキシコの対仏戦勝記念日のお祭りに由来するらしいのですが、毎年この時期それぞれの自治体が民族色を薄めたテーマで市民向けの催しを開いています。

今年も、パロアルトでは地元の学校や団体が参加するパレード(我が家の子供たちも毎年参加していました)、マウンテンビューでは歩行者天国のビアガーデンとアートフェスティバル、サニーベールではミドルスクールの校庭でフィットネス祭り、といった具合です。ちなみにフィットネス祭りでは、移動式のクライミングウォールやマウンテンバイクのアクロバットショーが人気を集めていました。

筆者撮影(c)TransCap

フランス軍需企業のThalesがデータ解析のGuavusを買収

先週は、フランスの大手軍需システム企業であるThalesが、データ解析プラットフォームのGuavusの買収を発表しました。Thalesは、発行株式の26%をフランス政府が保有していますが、ユーロネクスト・パリ証券取引所に上場していて、売上高14.9Bユーロ(1.8兆円)、当期利益897Mユーロ(1千億円)、時価総額20.9Bユーロ(2.6兆円)となっています。世界56か国に64,000人の従業員がいるそうです。

Guavusは、2006年にカリフォルニア州サンマテオで設立されました。これまでにベンチャーキャピタルや半導体大手のインテルから$112Mを調達しています。主として、AT&T、ベライゾン、コムキャストといった通信キャリア向けにキャパシティ予測計画、オペレーション分析、顧客行動データ解析といったアプリケーションを提供しています。MarketWatchによれば、従業員は250名くらいで、今年は$30Mの売上を見込んでいるそうです。

ビッグデータ関連のバリュエーションは調整傾向か

Thalesは、Guavusがもつリアルタイムで大量のデータを処理する能力 (実績ベースで毎日5ペタバイト)を、航空機、衛星、交通管制、軍需、セキュリティといった自社の事業領域に応用して、予測メンテナンス、サイバセキュリティ対策、ネットワーク最適化などによるシステムの可用性や効率の向上につなげていくとのことです。

今回のThalesによるGuavusの買収価格は$215Mでした。これまで6回のラウンドで$112Mを調達していますが、通常はラウンド毎に時価評価や投資条件が変わっていくので、一部の投資家にとっては満足できる結果ではなかったかもしれません。先月もビッグデータ関連のClouderaが時価総額$1.7Bで株式公開、初日に21%上昇しましたが、2014年3月にインテルが出資した際の$4.1Bを大幅に下回っています。

ベンチャーM&A

NEXT STORY

【現場の声】M&Aで問題となる簿外債務とは?

【現場の声】M&Aで問題となる簿外債務とは?

今回は、中小企業のM&Aで問題となる「簿外負債」について取り上げてみます。


注目の記事

Thumb cd1f2000 535d 421c 8b7a 2313d2ab08a5

【ソニー】海外メディアも注目。音楽市場で繰り広げるリカーリング型事業

ソニー<6758>が、仏音楽会社ビリーブデジタルを400~500 億円で買収する方向で最終調整に入った。今回の買収で対象となった仏音楽会社のビリーブデジタルは主にインディーズ(独立系)の楽曲をインターネット配信大手に配給している。

Thumb 267db93a 7fee 4545 a567 b7e582b16d54
Thumb 9736abcb 9e5a 4869 979c 594e24829570
Thumb bf627116 d3d5 4566 9e38 9e659ddb6749