ビッグデータの記事一覧

物流システムのHacobu、第三者割当増資で約9億円超を調達

物流システムのHacobu、第三者割当増資で約9億円超を調達

物流ITシステムのHacobuが、第三者割当増資で7社から約9億円超の調達に成功した。物流ビッグデータ活用に向けた体制を強化するのが狙い。野村不動産グループのNREGイノベーション1号投資事業有限責任組合や豊田通商などが増資を引き受けた。

記事を読む
【M&Aを成功に導く法務・知財の勘どころ 3】IPランドスケープ~ビッグデータを使った戦略的ソーシング&DD

【M&Aを成功に導く法務・知財の勘どころ 3】IPランドスケープ~ビッグデータを使った戦略的ソーシング&DD

今回はIPランドスケープについて深掘りする。IPランドスケープとは市場情報、製品のリリース情報、知財(特許)情報、論文情報、対象企業について有価証券報告書などの公開されている情報をミックスして分析し、経営戦略策定の参考とする手法をいう。

記事を読む
大学発ベンチャーの「起源」(17) アイセック 

大学発ベンチャーの「起源」(17) アイセック 

アイセック(新潟市)は新潟大学発のビッグデータ分析・活用ベンチャー。2020年7月10日に「新潟大学発ベンチャー」第1号に選ばれた。地域の健康医療ビッグデータを分析して、住民の健康寿命を伸ばしたり病気予防に役立てたりする事業を手がけている。

記事を読む
【米国ベンチャーM&A】ビッグデータ関連投資の加熱ぶりに一服感、IPOやM&Aでもバリュエーション調整続く

【米国ベンチャーM&A】ビッグデータ関連投資の加熱ぶりに一服感、IPOやM&Aでもバリュエーション調整続く

米国ではビッグデータ関連の投資ブームで加熱したバリュエーションに調整が入っているようです。スタートアップの資金調達環境はタイトになってきており、結果として類似企業がひしめく市場での競争は激化しています。

記事を読む
【メタップス】上場直後から怒涛のM&A データを学習する世界の頭脳へ

【メタップス】上場直後から怒涛のM&A データを学習する世界の頭脳へ

データ分析や決済サービスを運営するメタップスが2015年の株式上場以降、M&Aを矢継ぎ早に重ねて事業を急拡大させている。2020年の目標売上高は1000億円。データを学習して意思決定を支援する「世界の頭脳」となることをめざす。

記事を読む