ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ベンチャーM&A速報(13) 産業機械オークションのRitchie BrosがIronPlanetを$758Mで買収

alt

米シリコンバレーを中心とする海外のベンチャーおよびテクノロジー関連のM&A情報を、TransCap代表で現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポート! 今回のハイライトは、産業機械オークションのRitchie BrosがIronPlanetを$758Mで買収。詳しく見ていく。2016年8月29日週および9月5日週の動きをまとめました。

<ハイライト:産業機械オークションのRitchie BrosがIronPlanetを$758Mで買収>

 Ritchie Brosは、世界最大の産業機械オークション業者です。広大な敷地の常設会場で中古の建機、重機、鉱山機械、農機、トラックなどをオークション形式で販売しています。ニューヨーク証券取引所の上場企業で、昨年の販売総額は$4.3B、先週末時点での時価総額は$3.6Bでした。

 IronPlanetは、建機・重機マーケットプレースの運営会社です。オンラインのオークションを開催していて、昨年の総取引額は$787Mでしたが、過去3年間は年率25%で伸びているそうです。

 同業のオフライン最大手によるオンライン成長企業の買収ということで、投資家にとってもシナジーが分かりやすい案件といえます。実際、買収が発表された8月30日のRitchie Brosの株価は前日比24%高となりました(同日のスタンダード&プアーズ(S&P)とダウ(Dow)の株価指数は小幅ながら下落)。

NEXT STORY

「株式上場することの意味について」

「株式上場することの意味について」

2016/09/05

株式会社という制度は、本来所有と経営が分離し、経営は優秀な経営者が行い、株主はそれを監視する、という役割分担が前提となっている。今回は、株式上場することの意味について、IPOの必要性や、その是非について考えてみる。 同族企業と上場しない企業についても考え、同族企業の視点からも考えてみる。