menu
Social media

ビジネス

ベンチャーM&A速報:産業IoT分野のM&Aに注目!AspenTechがMtellを買収

Cover ed1a8877 face 4dc3 801d 0a13e06adbc6

産業IoT分野のM&Aに注目!
AspenTechがMtellを$37Mで買収

AspenTech(Aspen Technology)は、1981年にマサチューセッツ州ベッドフォードで設立されたソフトウェア企業で、プロセス製造業の装置生産を最適化するソリューションを提供しています。マサチューセッツ工科大学での研究成果をベースに立ち上げられたベンチャー企業でしたが、20年くらい前にNASDAQに株式公開しており現在の時価総額は$3.8Bとなっています。直近12か月の売上は$472M、利益は$138Mで、1,400人近い従業員がいます。エネルギー、化学プラント、建設業、製造業を中心に、1,750社以上の顧客が採用しており、ユーザ数は150,000人を超えるそうです。

今回AspenTechが買収したMtell(Mtelligence)は、2006年にカリフォルニア州サンディエゴで設立されたソフトウェア企業です。石油ガス、鉱業、化学、輸送、製薬、下水処理業界向けに予測メンテナンスによって資産の稼働率を最適化するソリューションを提供しています。顧客企業のオペレーションやメンテナンスのプロセスを理解して、IoT(モノのインターネット)でリアルタイムに蓄積される装置データを機械学習を使って解析することで、故障の種類、時期、原因を予測して、事前に適切なメンテナンスができるようにします。Linkedinによれば社員数は14名以上となっています。

CrunchBaseによれば、Mtellは2015年にPTCから出資を受けていました。PTCは、1985年にマサチューセッツ州ニーダムで設立されたソフトウェア企業です。こちらもやはりNASDAQ上場企業ですが、これまで積極的に買収を繰り返すことで、CADから製品ライフサイクル管理、さらには製造業向けのIoTや拡張現実技術へと業容を拡大しています。直近12か月の売上は$1.1B、損失は$54Mで、時価総額は$5Bです。PTCではなくAspenTechがMtellを買収するに至った経緯は分かりませんが、事業戦略との整合性や提示できる買収条件など様々な綱引きがあったのかもしれません。

産業向けIoTについては、自らがメーカでもあるGE、Siemens、NECなどが積極的に取り組んでおり、スタートアップも数多く設立されています。その一部でしかありませんが、最近目立ったM&Aおよびベンチャー資金調達についてまとめてみました。

ベンチャーM&A

NEXT STORY

ネットからリアルへ。Googleの過去3年間買収まとめ

ネットからリアルへ。Googleの過去3年間買収まとめ

過去にはシリコンバレーでもっとも多くの買収を行っているといわれたGoogleですが最近はどうでしょうか。Googleの過去3年間のM&Aをまとめてみました。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70