menu
Social media

ビジネス

ベンチャーM&A速報:IBMがPromontory Financial Groupを買収

Cover 60154ce6 0383 4f80 96f1 d161f7451533

ハイライト:IBMがPromontory Financial Groupを買収

人工知能のWatson(ワトソン)が金融分野のコンサルティングに進出

IBMがPromontory Financial Groupの買収を発表しました。Promontoryは2001年にワシントンDCで設立されたコンサルティング会社で、金融分野のリスク管理や規制コンプライアンスの専門家600人以上が在籍しています。IBMは、質問応答・意思決定支援システムのWatsonにPromontoryが保有する膨大なデータや専門知識を学習させ、これを機に設立するWatson Financial Servicesを通じて、Thomson ReutersやBloombergとも競合するような金融業界向けのツールやコンサルティングの提供を目指しているそうです。

IBM Watsonは、自然言語処理と機械学習によって大量の非構造化データから洞察を得るコグニティブコンピューティングのプラットフォームです。その名称は、創業ファミリーのラストネームに由来していて、二代目であるThomas Watson Jr.の言葉 “Our machines should be nothing more than tools for extending the powers of the human beings who use them.”(IBMのマシンは、使用する人間が持つ能力を拡張するツールに過ぎません)が、その精神としてウェブサイトにも謳われています。

Watsonの開発は、1997年にチェス王者に勝利したDeep Blueに続く人工知能の研究課題として、Jeopardy!というクイズ番組への参加を目標として2005年に始まりました。2011年にはデビューと同時に優勝を果たして$1Mの賞金を獲得しました(全額を慈善事業に寄付)。その後の商業利用として、2014年にはIBM Watson Groupとして当初予算$1Bのビジネスユニットが発足して、コグニティブコンピューティングのサービスを展開しています。2016年第2四半期のWatsonを含むCognitive Solutions部門の売上高は4.7B(前年同期比4%増)でした。

ビジネス展開では診療意思決定支援などのWatson Healthが最も進んでいます。医療データ解析を強化すべく、これまでに買収したPhytel、Explorys、Merge Healthcareに加えて、年初にはTruven Health Analyticsを$2.6Bで買収しました。WatsonのAPI(Bluemix)を使ってアプリを開発するベンチャー企業を支援する$100Mのファンドも設立しており、健康管理アプリのWelltok(IBMを含め$22M調達)、遺伝子検査・個別化医療サービスのPathway Genomics(同$40M)などに出資しています。また、Watson IoT(Watsonによるモノのインターネットのデータ活用)を強化する策として、気象予測のThe Weather Companyを$2Bで買収しています。

【次のページ】IBMによる過去1年のM&Aまとめ

ベンチャーM&A

NEXT STORY

社長、会社を売ろうと思ったことありますか?ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。

社長、会社を売ろうと思ったことありますか?ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。

「社長、会社を売ろうと思ったことはありますか?」今回は、こんなセンシティブなアンケートを行った記事を取り上げてみます。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92