menu
Social media

ビジネス

【米シリコンバレー発】 ベンチャーM&A速報レポート(5)スモールビジネス向け低価格クラウド通信サービスのFreedomVoiceをGoDaddyが42百万ドルで買収

Cover 53a657f8 c48d 4480 bb7d c4dc6be006ab

米シリコンバレーを中心とする海外のベンチャーおよびテクノロジー関連のM&A情報を、TransCap代表で現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポート! 次のビジネスが今動き出している。(隔週連載。5回目の今回は2016年5月9日週および5月16日週の動きをレポートします)

<ハイライト: スモールビジネス向け低価格クラウド通信サービスのFreedomVoiceをGoDaddyが42百万ドルで買収>

 ドメイン名登録サービス最大手としても知られるGoDaddyは低価格のウェブホスティングやクラウドアプリをスモールビジネス向けに提供しています。今回の買収は、昨年4月にニューヨーク証券取引所で株式公開した直後にElto(スモールビジネスとウェブ開発者をつなぐマーケットプレースを運営)を買収して以来の案件です。一環して、スモールビジネス向けウェブ関連サービスの品揃えを拡充しており、バーチャル電話番号、IP電話、クラウドPBXを展開するFreedom Voiceを傘下に収めたことで、本格的な低価格クラウド通信サービスを顧客に提供できるようになります。

GoDaddy(GDDY)
・インターネット(アリゾナ州Scottsdale)
・ドメイン登録およびウェブ・ホスティング・サービス;59百万ユーザ
・売上14億ドル、損失143百万ドル
・460百万ドル調達、時価総額27億ドル、初日33%上昇(2015年4月)
→ 売上17億ドル、損失 15百万ドル、時価総額49億ドル(16年5月21日現在)

 クラウド通信サービス自体は目新しいものではありませんが、初期投資がほとんど不要でスケーラビリティが高いこと、ネットワークインフラの拡充による音声・動画品質の向上、スマートフォンとの組み合わせでユニファイドコミュニケーションを低コストで実現できることなどを背景に本格的な普及期を迎えており、とりわけスモールビジネス向けでは今後も高成長が見込まれています。ちなみにクラウド通信関連では最近、下記のような買収案件も発表されています。

・MbloxをCLX Communicationsが買収(法人向けクラウド通信サービス × SMSマーケティング;買収価格117百万ドル)
・Better VoiceをInteliquentが買収(IP電話サービス × 企業向けクラウドPBX)

ベンチャーM&A

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

M&Aが招いたクライシス! 買収後に人材流出。組織崩壊した2つの失敗例

M&Aが招いたクライシス! 買収後に人材流出。組織崩壊した2つの失敗例

M&Aによる人材の流出。経営陣にとって最も恐ろしいのは、キーパーソンの退職ではない。雪崩のように起こる“普通に貢献していた社員”の流出にある。買収後の人材流出による組織崩壊を食い止めるにはどうすればいいのか? 海外M&A人事に詳しい森範子氏が、統合プロセスの失敗例から学ぶヒントを語る。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333