menu
Social media

ビジネス

プライバシー侵害と偽ニュース問題に揺れるアメリカ新興メディア

Cover 23b56edd d01e 4d89 904a 8fa39a9fb16c

ハイライト:プライバシー侵害と偽ニュース問題に揺れるアメリカ新興メディア

ウェブ上の情報の信頼性、著作権やプライバシーの侵害といった問題は、インターネット普及の始まりと同じくらい古いものですが、昨年はそういった問題がこれまで以上にクローズアップされた一年でした。

日本では健康情報を扱うキュレーションメディアの品質問題がありましたが、アメリカで問題になっているのは新興デジタルメディアによるプライバシー侵害といわゆる偽ニュース(fake news)です。とりわけ偽ニュースについては、サイバー攻撃による機密情報の流出と合わせて、アメリカ大統領選挙に大きな影響を与えたと言われています。

プライバシー問題で破綻したGawker

昨年6月、Gawkerというゴシップ系のブログメディア(低コストでブロガーを雇いセンセーショナルな記事を量産する手法は日本で問題になったキュレーションメディアと通じるものがあったかもしれません)が、ハルク・ホーガン(プロレスラー)やピーター・ティール(著名なベンチャー投資家でトランプ政権移行チームにも参加)の私的生活を暴露する記事を配信したことで、彼らからプライバシー侵害の訴訟を受けて$140Mの損害賠償という判決がでたために倒産しました。大手メディア企業のUnivisionがGawkerの事業資産を$135Mで買収することになり、Gawkerは閉鎖されましたが、GizmodoやLife Hackerなど、他の系列サイトは存続しています。

ベンチャーM&A

NEXT STORY

編集部おすすめの1冊「ゼロからの経営戦略」

編集部おすすめの1冊「ゼロからの経営戦略」

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回は沼上幹「ゼロからの経営戦略」。経営学の考え方が様々な企業の実例を通じて学べる。経営者だけでなく、戦略的思考を身につけたいビジネスパーソンにおすすめだ。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544