menu
Social media

ビジネス

相次ぐIoT分野のM&A;米国のIoT関連投資は2.6兆円に

Cover 0e93cfdb fe06 495d 8568 9414b35008c6

ハイライト:米国IoT関連の投資は2.6兆円に
GEは3社の買収でIoT基盤事業を強化

前回に引き続きIoT(モノのインターネット)の分野で活発な動きがありました。GEが産業向けIoTデータ統合プラットフォームのBit Stew Systemsと機械学習による予測解析のWise.ioの2社の買収を発表しています。また、グループ企業のGE Digitalを通じて、産業機器のインターネットとの相乗効果が期待できるフィールドサービス管理ソリューションのServiceMaxを$915Mで買収すると発表しました。

一方、ハイテク調査会社のGartner(ガートナー)はIoTに強い同業のMachina Rsearchの買収を発表しました。

調査会社のIDCによれば、米国の2016年のIoT関連支出(ハードウェア、ソフトウェア、サービス、接続サービスを含む)は$232B(約2.6兆円)に達する見込みです。業種別の内訳では、製造が$36B、輸送が$25Bと多くなっています。様々な業種に共通する用途(製造オペレーション、貨物モニタリング、スマートビルディング、など)への支出も$31B近くなっているそうです。全体として今後は年率16%で成長し、2019年には$357B(約4兆円)に達すると予測しています。

IoTの市場では、半導体企業はセンサや無線接続モジュール、ソフトウェア企業はクラウドサービス、デジタル家電メーカはIoT機器を得意としていますが、ベンチャーの台頭や(それらの買収による)大企業の新規参入など競争・協業関係は混とんとしています。産業向けIoTの分野では、自らがメーカでもあるGE、Siemens(シーメンス)、NEC、などが積極的に取り組んでいます。

GEによる今回の買収はいずれも同社が産業インターネットのオペレーティングシステム(編集部注:クラウド用コンピュータのOS)と位置づける「Predix」のプラットフォーム事業を強化するものです。

以下に、GEの最近のM&Aとベンチャー投資についてまとめてみました。産業向けIoT関連以外では、タービン部品や金属3Dプリンタなど、発電所や航空機向けの部品やその製造技術への投資が目立ちます。

ベンチャーM&A

NEXT STORY

【企業力分析】意図がある? ソフトバンクグループ

【企業力分析】意図がある? ソフトバンクグループ

​今回は、お父さんといえば白い犬の白戸家でお馴染みのソフトバンクグループ株式会社を分析してみました。孫正義社長は、巨額の有利子負債を問われても、ひるまず巨額投資をし続けます。流動性や安全性など財務面の評価が気になります。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344