ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【中小企業のM&A】手法別にみる買い手の税金対策

alt

2.事業譲渡

事業譲渡の場合、のれん代 (営業権) を償却し経費として処理することができるほか、固定資産の耐用年数において中古資産の短い耐用年数を使用することができます。

3.第三者割当増資

税金はかかりません。

文:株式会社ストライク まとめ:M&A Online編集部

関連リンク
【中小企業のM&A】M&Aのタックスプランニング
【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

2016/11/22

M&Aでは、手法や手続きひとつで負担する税金が異なってきます。退職金をうまく利用することで、手取額を増やすことができます。実際にM&Aでよく行われる手法ごとにみていきましょう。