ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【中小企業のM&A】手法別にみる買い手の税金対策

alt

手法ごとの節税対策(買い手の場合)

1.株式譲渡

株式譲渡によって買収した場合、投資額を経費処理することはできません。その代わりに株式譲渡代金の一部を退職金として売り手企業から売り手経営者に支払うことにより、経費処理をすることができることになります。

ただし、過大な退職金は税務調査で経費として認められない可能性もありますので、退職金は功績倍率等により算出される適正な水準に留めておくべきです。

●退職金を用いた場合のシミュレーション

NEXT STORY

【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

2016/11/22

M&Aでは、手法や手続きひとつで負担する税金が異なってきます。退職金をうまく利用することで、手取額を増やすことができます。実際にM&Aでよく行われる手法ごとにみていきましょう。