サッポロホールディングスは、ベトナムでビール事業の開業準備を進めているクローネンブルク・ベトナム・リミテッド社(ロンアン省)の出資持分65%を取得し、ベトナムにおけるビール製造・販売事業へ進出することを決定した。

クローネンブルク・ベトナムは現在、Carlsberg Brewery A/Sとベトナムの国営たばこ会社Vietnam National Tobacco Corporationが折半出資している。サッポロはCarlsbergから50%、Vietnam National Tobaccoから15%、計65%を取得する。残り35%は引き続きVietnam National Tobaccoが保有する。

サッポログループは、年率10%以上の成長が続いている有望なベトナムビール市場において、日本のビールメーカーとしては初となるビール製造・販売拠点を構築し、積極的なマーケティング投資により同国におけるサッポロブランドの確率、市場シェアの早期獲得および事業拡大を目指す。

取得価額は約20億5000万円。取得予定日は未定。