ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

エヴァにも登場!日本を代表するビールを知る「ヱビスビール記念館」|大人の社会科見学

alt
ヱビスビールの草創期
1887年 「日本麦酒醸造会社」設立
1890年 「恵比寿ビール」第1号、発売
1893年 「日本麦酒株式会社」に社名変更
1899年 東京・銀座8丁目に「恵比寿ビール ビヤホール」開店
1900年 パリ万国博で金賞受賞
1904年 セントルイス万国博覧会でグランプリ受賞
1906年 当時のビール大手、札幌麦酒、大阪麦酒と合併し、「大日本麦酒株式会社」となる

東洋のビール王、馬越恭平

ヱビスビールの歴史を語る上で欠かせないのは、「東洋のビール王」と呼ばれた馬越恭平社長の存在です。1892(明治25)年、三井物産に在籍していた馬越氏は経営不振に陥った日本麦酒の社長に就任。その後、わずか1年で黒字化させ、日本麦酒を再建させたという敏腕経営者です。日本初のビヤホールを発案したのも馬越氏でした。

馬越恭平(1844~1933年)

その後、明治20年代には100以上もあったビール醸造所も、明治30年代後半になると札幌麦酒、日本麦酒、大阪麦酒、麒麟麦酒の4会社が激しい競争を繰り広げるように。そんな中、馬越氏は1906(明治39)年に日本麦酒を札幌麦酒、大阪麦酒と合併し、「大日本麦酒株式会社」を発足させて社長に就任。シェア7割という巨大ビール会社を誕生させ、ビール業界の発展に貢献しました。

「美味しんぼ」や「新世紀エヴァンゲリオン」などの漫画にも登場。ヱビスビールはまさに日本を代表するビールの一つ

NEXT STORY

クリスマス向け商品の勝敗はいかに。大手ビール4社の攻防

クリスマス向け商品の勝敗はいかに。大手ビール4社の攻防

2017/12/24

大手ビール4社がクリスマス向けの期間限定商品をそろって投入。果たして勝敗は?