9201: 日本航空

Japan Airlines Co., Ltd.

日本航空に関連する記事

「GoToトラベル再開」で観光関連株値上がり、リスクは?

「GoToトラベル再開」で観光関連株値上がり、リスクは?

岸田首相が「GoTo トラベル」の再開を約束し、観光関連株が急騰している。10月11日の取引開始直後に日本航空は前日終値比18円高の2535円、エイチ・アイ・エスは同50円高の2672円で寄り付いた。この株高はどこまで続くのか?リスクは?

記事を読む
ハワイに行きたい「海外旅行」需要を先取り「JTB」「JAL」が7月から

ハワイに行きたい「海外旅行」需要を先取り「JTB」「JAL」が7月から

海外旅行需要の回復を見込んで、新たな取り組みを展開する企業が現れてきた。JTB、JAL、ZIPAIR Tokyoの3社が7月から相次いで新サービスなどを投入する。

記事を読む
安心、安全な「旅行プラン」需要を喚起できるか

安心、安全な「旅行プラン」需要を喚起できるか

新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向にある中、旅行ニーズの取り込みに向けた動きが活発化してきた。近畿日本ツーリストコーポレートビジネスや日本旅行、JALなどがPCR検査サービスの提供を始めた。

記事を読む
GoTo対象のPCR検査付き旅行商品に増加気配「JAL」「ディズニー公認ホテル」が投入

GoTo対象のPCR検査付き旅行商品に増加気配「JAL」「ディズニー公認ホテル」が投入

新型コロナウイルス感染の陰性、陽性を判断するPCR検査付きの旅行商品を投入する企業が現れてきた。JALとホテルオークラ東京ベイがそれ。今後追随する旅行関連企業が増えそうだ。

記事を読む
「格安時代」の終焉?ポストコロナは「物価高の時代」になるのか

「格安時代」の終焉?ポストコロナは「物価高の時代」になるのか

コロナ禍が日本経済を大きく変える可能性が出てきた。現時点では落ち着いている物価が、一転して上昇しかねない芽が育ちつつあるのだ。景気後退期の物価高は経済を破壊しかねない。その代表的な業界が航空と携帯電話だ。これらの業界で何が起こっているのか?

記事を読む
新型コロナで「ANA」「JAL」が大幅減益に「出光」は赤字転落 キャバクラの倒産も

新型コロナで「ANA」「JAL」が大幅減益に「出光」は赤字転落 キャバクラの倒産も

新型コロナウイルスの影響で上場企業の259社が業績予想を下方修正した結果、2兆円を超える売上高が消失する見通しであることが分かった。 ANA、JAL、出光興産も業績予想を修正した。

記事を読む
新型コロナ拡大で急騰!日産自動車を悩ませる「CDS」って何?

新型コロナ拡大で急騰!日産自動車を悩ませる「CDS」って何?

日産自動車のCDS保証料率が急騰している。2020年1月6日には0.48%だったが、3月2日に0.73%と上昇。1カ月後の4月1日には一気に3.00%まで跳ね上がった。日産のCDS保証料率が急騰した理由も気になるが、そもそもCDSとは何か?

記事を読む
ユニクロ、JAL、大塚家具…“民間企業を丸裸にしたノンフィクション”本はこれだ!

ユニクロ、JAL、大塚家具…“民間企業を丸裸にしたノンフィクション”本はこれだ!

本の専門家たちが独自の切り口でおすすめ本を紹介する「honto」の「ブックツリー」。今回は取材者・ライターとして「週刊現代」を主戦場に活動する週刊・フジマルさんが選書。ユニクロやJALなどの“民間企業を丸裸にしたノンフィクション”本を取り上げます。

記事を読む
無料で非日常が楽しめる「JAL工場見学」|大人の社会科見学

無料で非日常が楽しめる「JAL工場見学」|大人の社会科見学

数多ある企業ミュージアムや工場などの中から、大人も楽しめる社会科見学スポットを紹介します。今回紹介するのは、大人も子どもも楽しめる「JAL工場見学」。無料にも関わらず、見どころ盛りだくさんのツアーです。

記事を読む
ANAがピーチ・バニラの統合を決めた「3つの理由」

ANAがピーチ・バニラの統合を決めた「3つの理由」

ANAホールディングスが2018年3月、2年後の2020年3月末をめどに傘下の格安航空会社(LCC)国内2位のPeach・Aviation(ピーチ)と同3位のバニラ・エア(バニラ)を経営統合する。2018年秋ごろから1年半をかけて、上位のピーチにバニラの事業を移管する。その狙いは?

記事を読む
従業員の健康を把握していますか?

従業員の健康を把握していますか?

あなたの会社は従業員の健康状態を把握していますか?昨今、「健康経営」が産業界にじわりと浸透しつつある。従業員の健康を「投資」ととらえ、企業活力や生産性の向上に結び付けようとの動きだ。長時間労働やメンタルヘルスなどの健康問題がひとたび起これば、“ブラック企業”のレッテルを貼られかねないだけに、こうしたリスク対応の狙いも大きい。

記事を読む
編集部おすすめの1冊【2017年9月ビジネス書ランキング】

編集部おすすめの1冊【2017年9月ビジネス書ランキング】

M&A Online編集部がおすすめの書籍を紹介する「編集部おすすめの1冊」。ランキング編と題して、ビジネス書の月間ランキングを月イチでお届け。2017年9月のランキング第1位となった「会社四季報 業界地図」は、ビジネスパーソン必携の1冊だ。

記事を読む
【京セラ】京セラのM&A戦略とアメーバ経営

【京セラ】京セラのM&A戦略とアメーバ経営

京セラ株式会社<6971>は、鹿児島県出身の稲盛和夫氏(現名誉会長)がファインセラミックス製造業として、京都の地に「京都セラミック株式会社」として設立したのが起源である。稲盛氏は経営管理手法「アメーバ経営」を広め、JALの経営再建についても手腕を発揮した。今回は同社のM&A戦略を含めた成長戦略について検証する。

記事を読む
えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<3>

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<3>

街中や旅先で何気なく目にしているホテル。実は意外な会社が経営、運営しているなんてこともあるんです。2020年の東京五輪開催を前に、外国人観光客にも人気のお台場のホテル事情は複雑なことに。ゆりかもめ台場駅に直結する2つのホテルに着目します。

記事を読む
えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<2>

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<2>

街中や旅先で何気なく目にしているホテル。実は意外な会社が経営しているなんてこともあるんです。全国各地にある「ホテル日航」や「ホテルJALシティ」は出張でお世話になることも多いのでは? ホテル名から日本航空が運営しているかと思いきや、実はあの老舗高級ホテルのグループなんです。

記事を読む
【JALUX】右肩上がりの安定経営。M&Aも堅実に。

【JALUX】右肩上がりの安定経営。M&Aも堅実に。

かつては日本航空の子会社だったJALUXは、2007年に双日と資本業務提携し事業の多角化をめざして慎重にM&Aを進めている。M&Aは10年間でわずか3件だが、スキームは保守的でありながらも安定感がある。

記事を読む
ピーチ、ANA子会社化の衝撃(2)LCCの優等生、「兄弟」関係どうなる?

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(2)LCCの優等生、「兄弟」関係どうなる?

ピーチ・アビエーションは国内の格安航空会社(LCC)の中で屈指の好業績を収めている。一方、ANAホールディングスは100%出資のLCC子会社のバニラ・エアを抱える。ANAによる子会社化で「兄弟関係」がどう変化するかも焦点だ。

記事を読む
【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。

記事を読む