ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

公認会計士が博士号を取るということー佐藤信祐公認会計士に聞く

alt
編集部撮影

佐藤信祐氏(公認会計士 税理士 佐藤信祐 事務所)略歴

出 来 事
1997 公認会計士第2次試験合格
1999 明治大学経営学部経営学科卒業 朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)に入社
2001 公認会計士第3次試験合格 公認会計士登録。朝日監査法人を退職 公認会計士・税理士 勝島敏明事務所(現デロイトトーマツ税理士法人)に入所
2005 税理士法人トーマツ(現デロイトトーマツ税理士法人)を退職。税理士登録 公認会計士・税理士 佐藤信祐事務所を開業
2014 慶應義塾大学大学院商学研究科前期博士課程修了
2015 慶應義塾大学大学院法学研究科前期博士課程修了
2017 慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程を修了し、博士号(法学)を取得

【主な著作】

  • 『実務詳解 組織再編・資本等取引の税務Q&A(共著、中央経済社)』
  • 『グループ法人税制・連結納税制度における組織再編成の税務詳解(共著、清文社)』
  • 『組織再編の会計と税務の相違点と別表四、五(一)の申告調整(共著、清文社)』
  • 債務超過会社における組織再編の会計・税務(共著、中央経済社)』
  • 『中小企業のための組織再編・資本等取引の会計と税務(共著、清文社)』
  • 『税務コストをへらす組織再編のストラクチャー選択(中央経済社)』
  • クロスボーダーM&Aの税務:ストラクチャー選択の有利・不利判定(共著、中央経済社)』
  • 『組織再編による事業承継対策(共著、清文社)』
  • 『組織再編における税制適格要件の実務Q&A(中央経済社)』
  • 『組織再編における繰越欠損金の税務詳解(中央経済社)』
  • 『不動産賃貸業のためのM&A税務マニュアル(共著、綜合ユニコム)』

その他M&A、グループ内再編、事業再生及び事業承継に関する書籍多数。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

科目別勉強法(租税法)|公認会計士になるための勉強法(10)

科目別勉強法(租税法)|公認会計士になるための勉強法(10)

2018/10/27

31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を連載形式でお届け。今回は論文式科目の「租税法」についてアドバイスする。