買収撤回のマスク氏へツイッターが訴訟、審理開始は10月に

alt
Reuters

ツイッター・マスク氏訴訟、10月に審理へ デラウェア州裁判所決定

[19日 ロイター] - 米デラウェア州裁判所は19日、ツイッターが電気自動車(EV)大手・テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)を相手取り起こした訴訟について、10月に審理を開始すると明らかにした。

ツイッターは12日、同社に対する440億ドルの買収契約を解除したのは不当とし、マスク氏を提訴。ツイッターは9月の審理、マスク氏は来年2月の審理をそれぞれ求めていた。

判事は、両者とも迅速に裁判に対応する能力があるほか、ツイッターは上場企業として不透明性を速やかに解決すべきという認識を示し「現実的に裁判の遅れは、売り手側に回復不可能な損害が生じる恐れがある」と述べた。裁判の日程を調整するよう当事者に要請。審理は5日間続くとした。

19日午後のツイッター株は3.4%上昇した。

マスク氏の代理人からはコメントを得られなかった。

ツイッターの広報担当者は「裁判所が審理の迅速化に同意したことをうれしく思う」と述べた。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

欧米メディアは見た! 「奇行の経営者」イーロン・マスクの真実

欧米メディアは見た! 「奇行の経営者」イーロン・マスクの真実

2018/08/27

度肝を抜くビジネスアイディアを打ち出す米テスラのイーロン・マスクCEO。最近は数々の奇行で世間を騒がせ、テスラ株も下落。「この1年は困難と痛みを伴い、耐えがたいほどつらかった」と吐露するマスク氏。多忙とビジネス上の困難が彼を追いつめている。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5