「兜LIVE!」では金融ベンチャーのコミュニティーを組織

Fin GATEや兜LIVE!、街のコミュニティ全体で金融・資産運用業を活性化したい(荒 大樹さん)

さらに平和不動産は日本橋兜町・茅場町を「投資と成長が生まれる街として、人と未来と歴史をつなぐ」をコンセプトとする応援プロジェクト「兜LIVE!」を推進している。

日本橋兜町・茅場町を中心としたコミュニティーサイトであり、投資を学ぶためのきっかけとなるセミナーや成長につながる人と出会えるMeet Upなど、新しい投資と成長の機会につながる情報を発信している。

「金融ビジネスはプロフェッショナルがいないと成り立たない。特に資産運用のベンチャーにはプロフェッショナルが重要です。その点、当社では、海外で活躍したファンドマネジャーが日本で独立する際のお手伝いもしています」

また、金融ベンチャーにはコミュニティーも重要な役割も果たす。

「それはFin GATEや兜LIVE!で対応していく。『証券の街』のコミュニティー全体として資産運用業を盛り上げていこうと取り組んでいます」

荒さんは、今後は金融系ベンチャーに対して“箱(オフィス)”や情報の提供、コミュニティーの場づくりだけでなく、ファンドへの出資等を通じ、資金調達面でも関わっていきたいとする。Fin GATEのオフィスでビジネスを始めたスタートアップが、コミュニティーを推進していく立場になり、やがて、IPOに関わっていく。兜町エリアで生まれるエコシステムは、Prop Tech(不動産テック)に関わる大きなエコシステムの1つの形態であり、同社の再活性化にはそうした青写真もあるようだ。

取材・文:M&A Online編集部