嵐のように周辺中小銀行を束ねた2つの有力地銀

第一合同銀行と山陽銀行。まず、第一合同銀行の“合従連衡”ぶりを見ていこう。

第一合同銀行の源流は、1891年に設立された倉敷銀行である。その倉敷銀行が鴨方倉庫銀行、倉敷商業銀行茶屋町銀行、天満屋銀行、日笠銀行などと1919年に合併して誕生したのが第一合同銀行である。

倉敷市と岡山市は合併して瀬戸内沿岸の中核都市となることを幾度か目論んでいるが、現在においてもそれは実現されていない。当時から倉敷市の経済力は岡山市と拮抗していたことがうかがえる。

1919年、第一合同銀行の誕生後の同行の合併には、下表に挙げるように凄まじいものがある。

1920年甕江銀行、庭瀬銀行、八十六銀行
1922年妹尾銀行、高信銀行
1923年高梁銀行、東児銀行、下道銀行、成羽銀行、玉島銀行
1924年総社銀行、和気銀行
1925年坂出銀行
1926年西原銀行、山陽商業銀行
1927年福山銀行 、姫路倉庫銀行、小田銀行、松永実業銀行
1928年西江原銀行(買収)

第一合同銀行は1920年に八十六銀行を合併し、大正期から昭和初期にかけて岡山県内はもちろんのこと、兵庫県(姫路)、香川県(坂出)など隣県の中小金融機関を束ねていったのである。

一方の山陽銀行のM&Aはどうか。前身は、ともに1923年、岡山県北部の都市・津山に誕生した作備銀行と津山銀行である。両行が1924年に新立合併して山陽銀行が誕生した。

作備銀行は勝間田銀行、久世銀行、津山中央銀行、土居銀行、備前加茂銀行、武藤銀行の6行が合併して生まれた。一方の津山銀行は設立直後に落合銀行、久米銀行を合併している。

第一合同銀行と山陽銀行をめぐる1920年代前半、大正後期に巻き起こった大合併劇。このとき日本に何があったのか。関東大震災である。1923年9月、横浜など南関東とその隣接地を襲った関東大地震は、被災地の金融機関を壊滅状態に陥れた。

その余波は中国地方、岡山の地方金融界にも大打撃を与えた。震災の影響は深く長く尾を引き、大蔵省と地元自治体の行政指導が一段と厳しくなり、統制が強化されていった。いわばこの時期、岡山に限らず、国内の力の弱い金融機関が次々に淘汰されていったのである。

山陽銀行もまた、1924年の設立後は、阿哲銀行、足守銀行、桑田銀行、鞆銀行、丸亀銀行、琴平銀行、古町銀行、倉敷大橋銀行を傘下に収め、隣県、特に瀬戸内の対岸の香川県にも版図を広げた。