ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?|編集部おすすめの1冊

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識や教養として役立つ本も紹介する。

・  ・  ・  ・  ・

「一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか」
中井信之 (著)・俣野 成敏 (著)、クロスメディア・パブリッシング刊

「君は本当に見かけ倒しだな!」とは結構な貶(けな)し文句だが、実は見かけこそが人物評価を大きく左右するという内容の本だ。

人間は外部情報の80%を視覚から得ていると言われている。つまり、ある人物を評価する際に「見た目」をはじめとする視覚情報が最大の材料になっているということだ。

確かに大企業の経営者やエリートビジネスマンで「見かけが悪い」人物は、あまりいない。

もちろんその全員が芸能人のようなイケメンではないが、本書でいう「見かけ」とは生まれ持った「顔」や「身長」といった先天的な要素ではない。服装や髪型、身のこなしなど、本人がきちんと自覚すればどうにでもなる「見かけ」についての指南書である。

本書では「ふくよかなボール型の体形であれば、痩せている人以上にパリッとした服や動きで、清潔感や躍動感を出す」など、それぞれの体つきに対応した立ち居振る舞いをはじめ、正しい姿勢と歩き方、失敗しないファッションなど、男性の「見た目」についてのポイントと改善策を分かりやすくまとめている。これ1冊で「見た目」の改善は完璧だ。

ただ、幅広いだけに内容は踏み込んでいない。あくまで新社会人や、「見た目」にコンプレックスがある人向けの「入門書」だ。それなりにオシャレを楽しんでいる男性には、物足りないだろう。ファッション同様、「顧客を選ぶ」1冊だ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

オールアバウトがファッション分野を強化する!?

オールアバウトがファッション分野を強化する!?

2017/09/01

オールアバウトは、ビジネスシーンでは“ガイド”と呼ばれる各分野の専門家が、インターネットを通じて信頼性の高い情報の伝達に注力してきたメディアとして知られてきた。ところが現在は、「住宅、マネー、健康、ビューティー、デジタル、暮らし」など、14カテゴリ-にわたり911人の専門家が情報発信を行っている生活情報総合サイトに成長した。その過程では、ちょっと意外なM&Aもあるようだ。