記事一覧

米ファンド、親子上場を懸念 清水建設の日本道路TOBに延期を要請

米ファンド、親子上場を懸念 清水建設の日本道路TOBに延期を要請

清水建設が子会社化を目指して進めている3月22日締め切りの日本道路への株式公開買い付けについて、少数株主が不利益を被るなどと米国籍のファンドが親子上場に懸念を示し、TOB延期を要請していることが分かった。

記事を読む
【検証】上場廃止となったグレイステクノロジー事件

【検証】上場廃止となったグレイステクノロジー事件

架空売上による会計不正を行っていたグレイステクノロジーが上場廃止となりました。なぜグレイス社のコーポレートガバナンスは機能しなかったのでしょうか。制度上の再発防止策を検討してみたいと思います。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、事業承継型M&Aの相談相手としての銀行とは

元メガバンク行員が語る、事業承継型M&Aの相談相手としての銀行とは

事業承継のアドバイザーには様々な専門機関があるが、どのアドバイザーが自分にとって良いのかわからない方も多いのではないだろうか。また、何を相談すべきか分からない方もいるだろう。そこで今回は相談機関として銀行がおすすめな理由を説明する。

記事を読む
「M&A後の組織・職場づくり入門」|編集部おすすめの1冊

「M&A後の組織・職場づくり入門」|編集部おすすめの1冊

近年、M&A件数は伸びているが、「M&Aの失敗」も目立つようになってきた。こうした「もったいないM&A」を少しでも減らしたいとの思いから、実際の現場調査と学術的な研究をもとにPMI(合併・買収後の統合プロセス)の手法について解説した1冊だ。

記事を読む
九州の事業承継とスタートアップ支援を行う投資ファンド「ドーガン」とは

九州の事業承継とスタートアップ支援を行う投資ファンド「ドーガン」とは

ドーガンは九州に拠点を置く中堅企業の事業承継や、スタートアップの資金支援を行う投資ファンドです。地方独立系ファンドとして15ファンド350億円の投資実績を持っています。2017年7月に西日本新聞社のアドバイザリーを務め、豆腐店の買収を支援するなどユニークな取り組みを行っています。

記事を読む
オンワードHDがグアム島ホテル事業から撤退、星野リゾートが買収

オンワードHDがグアム島ホテル事業から撤退、星野リゾートが買収

オンワードホールディングスは3月10日、グアム島で運営するホテル事業から撤退し、同事業を手掛ける連結子会社の株式を星野リゾートの子会社に譲渡すると発表した。株式譲渡価額は61億円、譲渡債権の譲渡価額は24億円。

記事を読む
まん延防止等重点措置解除のリバウンドはブースター接種率次第

まん延防止等重点措置解除のリバウンドはブースター接種率次第

新型コロナウイルス感染症の「まん延防止等重点措置」が3月21日に解除される。感染者は減少しているとはいえ、過去の流行拡大時に比べれば高い。経済活動を正常化したいとの強い意向が働いた。感染者が多い段階での完全解除にリバウンドの懸念も出ている。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 3月14日〜3月18日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 3月14日〜3月18日

3月14日から3月18日までのM&Aニュースをまとめました。 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20220319

記事を読む
Netflix(ネトフリ)でしか観れない!おススメ3作品

Netflix(ネトフリ)でしか観れない!おススメ3作品

有料会員数が世界で2億人を超え、現在最も人気のあるストリーミングサービスといっても過言ではない「Netflix(ネットフリックス)」。今回は、過去に賞レースで話題となったオリジナル3作品をご紹介します。

記事を読む
昼はうな丼店、夜は居酒屋「二毛作」店舗の行方は?

昼はうな丼店、夜は居酒屋「二毛作」店舗の行方は?

ウナギ専門店「名代 宇奈とと」などの飲食店の運営や飲⾷店の出店支援などを手がけるG-FACTORYが、昼間と夜の営業内容を変える「二毛作体制」の強化に乗り出した。

記事を読む
「正社員」の採用予定企業が4年ぶりに増加

「正社員」の採用予定企業が4年ぶりに増加

2022 年度(2022年4月~2023年3月入社)に正社員の採用を予定している企業が4年ぶりに増加した。採用人数を増やすとした企業もコロナ前の2018年以来の4年ぶりの水準となった。

記事を読む
【十六銀行】最古の「ナンバーバンク」として威信を保ち、成長路線をまい進|ご当地銀行のM&A

【十六銀行】最古の「ナンバーバンク」として威信を保ち、成長路線をまい進|ご当地銀行のM&A

日本最古のナンバーバンクである岐阜県の十六銀行。明治期から第二次大戦前にかけて、周辺地域の数多の金融機関と合従連衡を繰り広げた。最近は単独で銀行持ち株会社を設立した。

記事を読む
会社更生法手続きで泥沼化するイセ食品、貴重な美術品は債権団の手に?

会社更生法手続きで泥沼化するイセ食品、貴重な美術品は債権団の手に?

鶏卵大手のイセ食品が会社更生法の手続きに入りました。負債総額は合計453億円にのぼるとされています。これに対して伊勢彦信前会長は会社更生法の申し立てを不服として抗告する考えを示していると報じられました。伊勢彦信前氏は美術品の世界的なコレクターとして知られています。

記事を読む
「iPhone SE3」の値上げは今後の円安を織り込み済み?

「iPhone SE3」の値上げは今後の円安を織り込み済み?

米アップルの廉価版スマートフォン「iPhone SE3」が発売された。前モデルより8000円ほど値上げされ、ついに5万円の大台を超えた。それでも現行機種「iPhone13 mini」の8万6800円に比べれば安いが、問題は日本での価格だ。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、M&Aのメリットを大きくする銀行の存在とは?

元メガバンク行員が語る、M&Aのメリットを大きくする銀行の存在とは?

M&Aを行うメリットはたくさんある。買い手にも売り手にも様々なメリットがあるが、銀行にM&Aの協力をしてもらうと、さらにM&Aのメリットが大きくなることはご存じだろうか? そこで今回は、M&Aの買い手が銀行のサポートを受けた場合に得られるメリットについて説明する。

記事を読む
【ナガセ】学習塾大手が8年ぶりにM&A、ターゲットは「スイミングスクール」!

【ナガセ】学習塾大手が8年ぶりにM&A、ターゲットは「スイミングスクール」!

「東進ハイスクール」「四谷大塚」に代表される進学塾大手のナガセ。テレビで大活躍中の林修先生(現代文)をはじめ、カリスマ講師を多数抱えることでも知られる。実はその同社、学習塾とは別にもう一つの「顔」を持つ。スイミングスクールのトップ企業でもあるのだ。

記事を読む
ロシア進出上場企業168社中37社が事業を停止 

ロシア進出上場企業168社中37社が事業を停止 

ロシアに進出している国内上場企業168社(2022年2月時点)のうち22%にあたる37社が2022年3月15日までにロシア事業の停止や制限などを行っていることが分かった。

記事を読む
「縮小型事業承継」とは(下)新聞配達業のケース

「縮小型事業承継」とは(下)新聞配達業のケース

5年以上も営業赤字に陥っている新聞配達事業者の全株式を縮小型事業承継ファンドが買い取り、同社の資産は縮小型事業承継ファンドが換価し、事業は従業員も含め近隣の同業他社に事業譲渡しました。

記事を読む
【希望退職】富士通の3031人を最多に、JTなどが応募者数を相次ぎ発表

【希望退職】富士通の3031人を最多に、JTなどが応募者数を相次ぎ発表

上場企業で希望(早期)退職者の募集結果に関する発表が相次いでいる。今年に入って13社(一覧表)を数えるが、約半数の6社は応募者が100人を超える。なかでも最多は富士通で、応募者は3000人(国内グループ企業を含む)以上にのぼった。

記事を読む
コロナ禍が追い風に「バリューゴルフ」2期連続で過去最高益を更新 

コロナ禍が追い風に「バリューゴルフ」2期連続で過去最高益を更新 

コロナ禍の中、ゴルフ場の1人予約サービスを展開するバリューゴルフが、過去最高の利益を上げた。この勢いは当面続き2期連続で過去最高を更新する見込みだ。今後は既存事業の強化と並行してM&Aを積極化する。

記事を読む
「縮小型事業承継」とは(中)出版社のケース

「縮小型事業承継」とは(中)出版社のケース

業歴50年以上の老舗出版社が、赤字の雑誌を廃刊し、雑誌の原価の見直し等を行い、収益構造の改善も並行して行った結果、利益はまだ少ないながら、BSの軽い会社となりました。

記事を読む
M&A支援登録機関制度、2次公募で545件が登録

M&A支援登録機関制度、2次公募で545件が登録

中小企業庁は3月10日、2021年度2次公募で登録要件を満たした「M&A支援機関登録制度」の登録ファイナンシャルアドバイザーと仲介業者を公表した。新たに545件が登録、1次公募分を合わせると支援機関は2823件に増えた。

記事を読む
金価格は「史上最高値」なのに、貴金属買取業者が倒産した理由

金価格は「史上最高値」なのに、貴金属買取業者が倒産した理由

ロシア軍によるウクライナ侵攻で「有事の金」が暴騰している。3月7日には1g=7377円まで上昇し、過去最高値を更新した。そうなると金などを取引する事業者は好調なはずだが、貴金属買取・販売の甘露商事が約25億円の負債を抱えて倒産した。なぜか?

記事を読む
肉や卵に似た植物性の食品「プラントベースフード」に本腰「カゴメ」「キユーピー」「薬王堂」など

肉や卵に似た植物性の食品「プラントベースフード」に本腰「カゴメ」「キユーピー」「薬王堂」など

植物性の原材料を用いて、肉やミルク、卵などに似せて作られた食品であるプラントベースフードの動きが活発化してきた。名の知れた上場企業がプラントベースフードの事業拡大に乗り出すことで、普及が加速しそうだ。

記事を読む
「縮小型事業承継」とは(上)製造業のケース

「縮小型事業承継」とは(上)製造業のケース

青山財産ネットワークスの「縮小型事業承継」は、将来に残すべき価値がある部分があれば、その部分の承継を目指していくものです。これから3回にわたり「縮小型事業承継」の事例を紹介していきます。

記事を読む

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5