山手線で唯一 「踏切」があった!

alt

都心のど真ん中を一周するJR山手線。2020年3月に49年ぶりの新駅として高輪ゲートウェイ駅が開業し、現在、30駅で結ばれている。平日朝夕のラッシュ時には2~3分間隔で運行され、首都圏屈指の利用客数を誇る山手線だが、実は踏切が存在していることをご存じだろうか?

田端~駒込間の「第二中里踏切」

その踏切とは「第二中里踏切」(東京都北区)。田端駅~駒込駅の間にあり、駒込駅から歩いた方が近く、5分ほどで到着する。長さが14メートル、幅が4.8メートルほど。見たところ、どこにでもありそうなごく普通の踏切で、すぐそばにあるゴルフ用品会社の巨大ゴルフボールのモニュメントの方が目を引く。

山手線最後の踏切…(東京都北区)

だが、鉄道マニアにとっては貴重なスポットなのだ。2005年に池袋~目白駅間の「長崎道踏切」が廃止された後、第二中里踏切は山手線の残る唯一の踏切となり、注目度が高まった。今ではマニアのみならず、都内を散策がてら、カメラを片手に撮影に訪れる人も少なくない。

もっとも、当の地元住民にとって「開かずの踏切」でもある。ピーク時は遮断機が降りたままになりやすく、1時間あたりの遮断時間は40分を超えるという。通行の安全確保を含めて、踏切廃止や代替計画が繰り返し検討されてきたが、ここへきてついに事態が動いた。

「最後の踏切」の称号を返上へ

東京都が都市計画道路事業に着手し、踏切から約200メートル北東に山手線をまたぐ陸橋をつくり、歩道や自転車道を整備することを決めたのは昨年11月(今年3月、国土交通省が事業を認可)。総事業費は29億円。2029年の道路完成を待って、第二中里踏切は廃止される見通しだ。

「まーるい緑の山手線…」と大手家電量販店のCMにも歌われたように、路線ごとに定められたラインカラーはウグイス色(黄緑)。都心をぐるっと一周する山手線だが、正式な区間は品川駅から田端駅までの20.6キロメートル。田端~東京駅間は東北線、東京~品川駅間は東海道線で、3区間を合わせて山手線と呼んでいる。

大阪市内を一周する大阪環状線では2012年に最後の踏切が廃止となっている。まだ先は長いとはいえ、第二中里踏切が“山手線オンリーワン”踏切という称号を返上する日が現実味を帯びてきた。

2029年に「踏切」の廃止が見込まれる

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

芸備線も廃止に?広島県のJRローカル線が相次いで消える理由

芸備線も廃止に?広島県のJRローカル線が相次いで消える理由

2021/06/15

「なぜ広島県のローカル線が、次々と廃止されるのか?」。そんな「恨み節」が聞こえてくるようだ。広島県が2021年6月14日、JR西日本と芸備線のあり方をめぐる協議に参加する方針を明らかにした。廃止に向けての第一歩であることは明らかだ。