ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

大学発ベンチャー「過去最多」の2566社ー旧帝大が圧倒的強さ

alt

旧帝大系が強い大学発ベンチャー

大学別では東京大学が269社(前年度比2社減)でトップ、次いで2位が京都大学の191社(同27社増)、前年度は4位の大阪大学が141社(同35社増)と3位に。上位5校を旧帝国大学系の有名国立大学が占めた。

一方、前年度3位の筑波大学は114社(同3社増)と6位に沈んだ。私立大学ではいずれも85社だった慶應義塾大学(同4社増)と早稲田大学(同3社増)の8位が最高だった。早大は前年度の7位からワンランク下がっている。

東大発ベンチャーが最も多い状況は変わらないが、京都大や大阪大、東北大、九州大、筑波大、名古屋大などのベンチャーも増加しており、上位層ではその差が縮まりつつある。

順位(前年度) 大学名 2017年度 2018年度 2019年度
1 (1) 東京大学 268 271 269
2 (2) 京都大学 154 164 191
3 (4) 大阪大学 102 106 141
4 (5) 東北大学 86 104 121
5 (6) 九州大学 88 90 117
6 (3) 筑波大学 104 111 114
7 (9) 名古屋大学 81 76 94
8 (8) 慶應義塾大学 69 81 85
8 (7) 早稲田大学 79 82 85
10 (10) 東京工業大学 69 66 75

分類別では大学の持つ特許や技術を事業化する「研究成果ベンチャー」が全体の58.6%(同0.3ポイント減)の1504社(同163社増)と最も多く、学生が起業する「学生ベンチャー」が22.1%(同1.6ポイント増)の568社(同101社増)と続く。

経産省では「最高技術責任者(CTO)が研究者を兼任して大学とのつながりを活用する一方、最高経営責任者(CEO)に企業経験者を迎えるなど、大学発ベンチャー企業のチームビルディング(効果的な組織づくり)が進化し、成長につながっている」とみている。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(8)  revot

大学発ベンチャーの「起源」(8)  revot

2020/05/09

revotは2018年7月に創業した筑波大学発ベンチャー。2020年4月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の飛沫感染を防ぐフェースシールド(防護マスク)を製造。同市内の医療機関へ提供したことが話題になった。その本業はドローンだ。