米投資大手カーライル、M&A低調で4Qは52%減益

alt
2023年 ロイター/Issei Kato

米投資大手カーライル、第4四半期は52%減益 M&Aの低調響く

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米投資会社カーライル・グループが7日発表した2022年第4・四半期決算は、株主配当に充てる資金を示す分配可能利益が前年同期比52%減の4億3300万ドルだった。M&A(合併・買収)が低調で、事業の売却件数が減った。

税引き後の1株当たり分配可能利益は1.01ドルで、リフィニティブのデータによると、アナリスト予想平均の0.97ドルを上回った。

資産売却による収入は65%減の4億6000万ドル。金融市場の高いボラティリティー、地政学的な緊張の高まり、インフレ、景気後退の懸念などの影響で高値での資産売却が難しかった。

手数料関連収入は16%増の2億0200万ドル。

カーライルは6日、ゴールドマン・サックスの元幹部、ハービー・シュワルツ氏を最高経営責任者(CEO)として迎え入れると発表した。シュワルツ氏は2月15日にCEOに就任する。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

カーライルが連日TOB ユーザベースのプレミアムも破格の水準

カーライルが連日TOB ユーザベースのプレミアムも破格の水準

2022-11-17

2022年11月9日、ユーザベースはカーライル・グループのファンドが設立した特別目的会社による株式公開買い付け開始のお知らせと、それに対する賛成意見を表明しました。カーライルは前日に公表した東京特殊電線に続くTOBを実施となります。