M&A速報

ネクシィーズグループ<4346>、きもの着付け教室運営のハクビを譲渡

2017/06/21

ネクシィーズグループは、きものの着付けや組紐、和紙ちぎり絵などの教室を運営するハクビ(東京都渋谷区。売上高20億9000万円、営業利益1億1400万円、純資産7億4300万円)の株式(所有割合89.1%)を、呉服の小売販売・振袖レンタルのまるやま(東京都江戸川区)に譲渡すると発表した。

ハクビは創業47年の歴史をもち、関東地方を中心に62教室のハクビ総合学院を展開する。ネクシィーズグループは2009年にハクビを子会社化していた。現在、ネクシィーズグループはLED照明・業務用冷蔵庫、空調などを初期投資ゼロで導入できるレンタルサービスに経営資源を集中しており、「文化教育事業」を展開するハクビを譲渡することで、収益性の向上や財務基盤の強化、新たな投資資金の調達を図る。

譲渡価額、譲渡予定日は未定。

関連の記事

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

2019/09/17

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

債務超過で1円譲渡されたゲーム「神の手」とは何だったのか?

債務超過で1円譲渡されたゲーム「神の手」とは何だったのか?

2019/05/03

秋元康氏がプロデュースするスマホゲーム「神の手」の企画開発をしていたブランジスタゲームが、ネクシィーズに1円で譲渡された。有名アイドルの出演、課金率100%をうたい、リリース時は1200億円の売上が見込まれると豪語。株価をつり上げました。

浴衣の季節、呉服業界の再編に注目してみた

浴衣の季節、呉服業界の再編に注目してみた

2017/08/15

花火大会や縁日に足を運べば、夏を感じさせる浴衣美人に出会えるこの季節。和文化の象徴とも言える呉服関連企業の低迷が叫ばれて久しい中、近年はM&Aなどにより浮上のきっかけを探る動きが活発化している。昨年から今年にかけて起こった、代表的なトピックをご紹介しよう。

M&A速報検索

クリア