東京海上ホールディングスからMBOで独立した投資ファンド「ティーキャピタルパートナーズ」とは

alt
フードリームが運営する「ステーキハウス松木」

東京海上ホールディングス<8766>の傘下にあった投資ファンド・東京海上キャピタルが2019年9月にMBOを実施しました。金融コングロマリットなどの傘下にファンドの運用会社がある場合、親会社とファンドへの出資者の間で利益が対立する恐れがあります。

投資ファンド(この場合は東京海上キャピタル)は親会社と出資者の間に挟まれ、正しい意思決定ができない恐れがありました。特に海外の投資家は利益相反を懸念して出資を見送るケースが見受けられます。その障害をMBOで乗り越え、東京海上ホールディングスから独立してティーキャピタルパートナーズとなりました。

この記事では以下の情報が得られます。

・ティーキャピタルパートナーズの概要と佐々木社長の手腕
・主な出資先
・三起商行(ミキハウス)買収の内容

ティーキャピタルの概要

ティーキャピタルはMBOを実施した後、2020年12月に募集を開始した初めてのファンドで、目標金額700億円を上回る810億円の資金を集めて2021年2月に募集を締め切りました。

銀行や大学基金、年金基金など、国内だけでなく、北米、欧州、アジアなどの海外からの機関投資家からも資金を集めました。海外で懸念される利益相反の問題をクリアし、見事に成果として結実しています。

ティーキャピタルの前身である東京海上キャピタルは、1991年に設立されました。1998年8月に第1号ファンドとなる「TMCAP98投資事業有限責任組合」を組成しています。組成額は37億円。その後、2000年10月に「TMCAP2000投資事業有限責任組合」を223億円で組成。2005年から2016年にかけて、200億円から500億円規模のファンドを次々と立ち上げました。今回、810億円を集めたファンドは6つ目となります。

取締役社長・マネージングパートナーの佐々木康二氏は九州大学法学部卒業。ペンシルべニア大学ウォートンスクールでMBAを取得後、日本長期信用銀行に入行しています。M&Aアドバイザリーなどを経験した後、東京海上火災保険に転職し、子会社の東京海上キャピタルに参画しました。

経営支援だけでなく、ファンドの組織風土も改革した実力者

当時、東京海上キャピタルは親会社の資産運用チームとして、主にベンチャー投資を行っていました。佐々木氏はそれをバイアウト型の投資ファンドに変革するため、実績の積み上げやチームの意識改革に乗り出すなど、会社の組織体制そのものの造り替えに着手しました。M&Aやファンドの資金集め、投資先の経営支援の他、自社の経営改革も成し遂げた実力者です。

佐々木氏が目覚ましい活躍をしていたとき、代表取締役社長を務めていたのは深沢英昭氏です。深沢氏も日本長期信用銀行出身で、2004年に東京海上へと転職しています。深沢氏は2015年に東京海上キャピタルの会長に就任し、佐々木氏が社長となりました。同じエリートコースを歩んだ二人のツートップ体制が確立されます。

現在、MBOで独立系投資ファンドとなったティーキャピタルは、佐々木社長をトップとし、4名の取締役が脇を固める経営体制をとっています。

NEXT STORY

【意外な子会社】セブン&アイがバーニーズNYを買収(2015年2月)

【意外な子会社】セブン&アイがバーニーズNYを買収(2015年2月)

2017/05/21

セブン&アイがバーニーズジャパンを完全子会社化したのは2015年2月。バーニーズのブランド力とバイイングや売り場編集力のノウハウが必要と判断したからだ。しかしセブン&アイホールディングスは、総合スーパー(GMS)主導のオムニチャネルに力を入れており、バーニーズの強みを活かし切れていない。