高級レストランを運営するひらまつ<2764>が、2019年8月末に国内の投資ファンド・アドバンテッジパートナーズから第三者割当増資により20億円を調達しました。調達した資金は、2021年関西で開業予定の都市型ホテルに投資します。

同社は2017年7月にも公募増資と第三者割当増資により、60億円を調達していました。その際も資金はすべてホテルへの投資に充てています。

稼ぎ頭のウエディング事業が少子化により先細ることを懸念し、2015年にいっきに宿泊事業へと舵を切りました。実はそこから、業績は悪化の一途を辿っています。

そして基盤となるレストラン事業も迷走中。2017年に16億5000万円で買収した京都の高級料亭を、2019年1月に関連会社の平松総合研究所に早くも譲渡しました。

営業利益率はホテル事業進出前の1/4ほどに

ひらまつのホテル事業は、2015年に宿泊型レストラン「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」の指定管理者になったことが始まりです。2016年に1泊13万円の超高級ホテル「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島」をオープンしました。このホテルブランドは熱海、仙石原でも同じ年に開業しています。

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島(画像は決算説明資料より)

2017年に京都の高級料亭「高台寺 土井」を買収して本格和食事業に進出。2018年に「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宣野座」をオープンして沖縄進出を果たしました。

買収した京都の料亭「高台寺 土井」は「高台寺 十牛庵」として開店(画像は決算説明資料より)

華々しく出店する姿とは裏腹に、業績は悪くなる一方です。ホテル事業進出前の2015年3月期の売上高は113億2900万円。営業利益は27億800万円でした。2018年3月期の売上高は116億4200万円(2.7%増)。営業利益は15億1900万円(44%減)です。売上はわずか2.7%しか伸びていません。2016年に連続して3つのホテルがオープンし、業績がフルで寄与するはずの翌々期で売上高はこの伸びに留まっているのです。おまけに経費が嵩んで利益を圧迫しています。

さらに、2019年3月期は売上高が109億4800万円(2015年3月期比4%減)、営業利益は7億4000万円(同73%減)となりました。この年の落ち込みは、レストラン「アイコニック」と「ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン」と料亭の撤退を決めたためです。

営業利益率は、2015年3月期の25.2%から6.7%まで落ち込んでしまったのです。