2020年の国内VC投資、7年ぶりに金額減少|コロナ禍、冷や水を浴びせる

alt
ベンチャー投資の雲行きは…?(写真は東京都千代田区の日比谷公園)

ベンチャーエンタープライズセンター(VEC、東京都千代田区)がまとめた2020年(1~12月)のベンチャーキャピタル(VC)による国内向け投資額は前年を30%下回る1512億円(四半期の調査結果を単純集計)となり、7年ぶりに減少した。投資件数は前年比19%減の1160件で、2013年に現行方式での調査開始以来初めてマイナスとなった。新型コロナウイルス感染拡大がベンチャー投資の盛り上がりに冷や水を浴びせた格好だ。

金額・件数、4四半期連続で前年を下回る

VECは四半期ごとに国内VC(事業会社によるコーポレートベンチャーキャピタルを含む)による投資動向調査を集計している。今回の第4四半期(2020年10~12月)調査には105社が回答した。

10~12月の国内向け投資額は437億8000万円で、前年同期比22%減った。件数は同19%減の291件だった。金額、件数はそろって2020年1~3月(第1四半期)から4四半期連続で前年を下回った。この結果、年間の国内向け投資額は2019年に初めて乗せた2000億円台を大きく割り込んだ。

10~12月期の国内投資額を業種別にみると、「コンピューター及び関連機器、ITサービス」が37.9%でトップ。以下、「通信・ネットワーキング及び関連機器」12.8%、「バイオ、製薬」12.5%、「メディア、娯楽、小売、消費財」10.6%、「工業、エネルギー、その他産業」8.1%、「ソフトウエア」6.1%が続いた。

ファンドの新規設立は年間で1008億円増

対象企業のステージ別の投資動向(金額)では、設立後経営が軌道に乗り始める段階にあたる「アーリー」が47.6%を占め、前年同期を約8ポイント上回った。事業の拡張期にあたる「エクスパンション」も28.2%と前年同期から割合を約10ポイント伸ばした。

10~12月に新規設立されたファンドは6本、1618億円で、本数は少ないものの、金額は調査開始以来最高となった。これにより、2020年の新規設立ファンドは54本(前年比7本増)、ファンド総額は4581億円(同1008億円増、既存ファンドへの追加出資含む)。潤沢なマネーが投資先を求めて積み上がっている。

国内向け投資の推移(VECまとめ)

投資額 投資件数
2013 660億円 680件
2014 646億円 732件
2015 738億円 845件
2016 950億円 1067件
2017 1257億円 1145件
2018 1358億円 1283件
2019 2162億円 1432件
2020 1512億円 1160件

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

2020年上期の国内VC投資、新型コロナ下で26%減の747億円

2020年上期の国内VC投資、新型コロナ下で26%減の747億円

2020/09/10

ベンチャーエンタープライズセンターがまとめた2020年上期(1~6月)のベンチャーキャピタル(VC)による国内向け投資額は前年同期比26%減の747億円。投資件数も前年を20%下回った。新型コロナの影響下、投資減退につながったとみられる。