M&A Online編集部です。米テレビ放送大手のシンクレアが同業のトリビューンを39億ドル(約4,400億円)で買収すると報じられました。今回の買収でシンクレア傘下のテレビ局は全米70%以上の世帯をカバーすることになるそうです。米国シリコンバレー在住のTransCap代表 坂崎昌平氏が現地からレポートします。

  ◇   ◇

M&Aで勢力を拡大する保守系メディアと草の根の支援で生き残るリベラル系メディア

シリコンバレーに来てすぐ現地の同僚に教えられKQEDというFMラジオ局をずっと聴いています。以前は通勤の車のなかでずっと、最近は朝の散歩をしながらよく聴きます。米国の公共放送ネットワーク(NPRやPBS)のメンバー局で、政治や経済のニュースやインタビュー、ドキュメンタリーがとても充実しています。

報道は政治的に中立といいつつも、そのトーンは相当にリベラルです。ニューヨーク・タイムズを読んでKQEDを聴いていると、トランプ大統領の誕生をほとんど予想できなかった、ということを感じます。

CMなしラジオ局の恒例行事:寄付金募集キャンペーン

KQEDには日本のNHKのようにコマーシャルがありません(たまに大口寄付をしている財団や番組のスポンサー企業のスローガンなどが読み上げられます)。NHKとは違って予算の大部分を一般リスナーからの寄付金でまかなっているため、年に何回か大々的な寄付金募集キャンペーンがあります。

コミュニケーションのプロたちのセールストークに感心しつつも、コマーシャル以上にしつこく繰り返されるので辟易してしまいます。寄付の金額に応じて地元企業の協賛品がもらえたりするのですが、くじ引きもあって、今回はスバルのディーラーがインプレッサを景品として提供しています。

テレビ放送大手のシンクレアが同業のトリビューンを39億ドルで買収

そんなメディア関連では今月、Sinclair Broadcasting(シンクレア・ブロードキャスト・グループ)がTribune Media(トリビューン・メディア)を39億ドル(約4,400億円)で買収すると発表しました。

シンクレアは、米国の南部と中西部を中心に173の地方テレビ局(ABC、CBS、NBCなどの系列局)を運営しています。NASDAQ上場で時価総額は34億ドルです。トリビューンは、米国の大都市を中心に42のテレビ局(ABC、CBS、NBC、Foxなどの系列局)を運営しています。NYSE上場で時価総額は35億ドルです。どちらも業界大手企業であり、番組制作、広告枠販売、放送技術サービスなども手掛けています。