「おくりびと」ロケ地 庄内映画村が事業停止

alt
庄内映画村資料館・松ヶ岡開墾場(現在は閉館中)

~映画「おくりびと」などのロケ地として知られる~

 庄内映画村(株)(TSR企業コード:212034324、法人番号:7390001008253、鶴岡市羽黒町松ケ岡字松ケ岡29、設立2006(平成18)年7月、資本金6100万円、田中雅明社長)は10月15日までに事業を停止した。
負債は現在調査中。

 山形県庄内地方で撮影された「蝉しぐれ」のプロデュースを担当した田中社長が、地元企業を中心に出資者を募り、2006年7月に設立した。
 オープンセットの整備を進めながら、「山桜」、「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」、「ICHI」、「おくりびと」、「山形スクリーム」、「デンデラ」、「おしん」等の映画を立て続けに誘致。なかでも「おくりびと」が第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、一躍脚光を浴びた。
 オープンセットは2009年9月より「庄内映画村オープンセット」として一般公開を開始。入場料に加え、制作会社や映画会社からのプロデュース料を柱に運営を続けてきたが、収入が低迷する中で固定費負担等を賄えずに採算割れの厳しい経営が慢性化した。
 2014年にはオープンセットの管理運営を他社へ譲渡し、以降は「庄内映画村資料館」の運営のみとして事業規模を縮小していたが、同資料館も2019年12月に閉館。多額の債務を抱えるなかで事業継続が困難となったことから、今回の事態に至った。
 尚、オープンセットは「スタジオセディック庄内オープンセット」として営業を継続している。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

業歴320年を誇る山形県唯一の百貨店「大沼」が破産

業歴320年を誇る山形県唯一の百貨店「大沼」が破産

2020/02/01

業歴320年を誇る山形県唯一の百貨店「大沼」を運営する(株)大沼は1月27日、関連会社とともに山形地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。