menu
Social media

法律・マネー

【M&Aインサイト】M&Aにおける人材流出リスク:人材リテンションの理論と実践

Cover 61a09632 a154 4c30 be3f f3f4d30d9645
※画像はイメージです

M&Aにおける人材流出リスク:人材リテンションの理論と実践

・M&A時には人材リテンションを目的としたリテンションボーナス(インセンティブ)が活用される
・M&Aトランザクションにおいては、約7割の企業がリテンションボーナスを活用しているが、リテンションボーナスの対象範囲はエグゼクティブ、シニアマネジメント層にとどまらず、より広範囲となっている
・テクノロジー業界のCEOとその配下の経営陣に対するリテンションプランは、マーケットの中央値よりも平均で49%高い

M&Aを通じた投資の最大化に向け、リテンションプログラムの導入は、一般的によくみられる施策である。 マーサーがこの度発表したレポート 『M&Aにおける流出リスク:人材リテンションの理論と実践』では、ディールの戦略推進とプロセス上、人材獲得は極めて重要であり、世界各国企業のうち71%が金銭的なインセンティブを活用していると、報告されている。

一方、同リサーチでは、文化や業界の動向により、リテンションの在り方は大きく異なり、こうした差異を理解し、活用することが中長期的なディールの価値創出に向けて重要であるとしている(図1参照)。

図1 リテンションボーナスの普及率

出典:Flight Risk in M&A: The Art and Science of Retaining Talent – 2017 Mercer Research Report

「世界のM&Aを俯瞰してみると、ディールを実現させるために、記録的な水準のEBITDAマルチプルを買い手が支払っていることが分かります。オペレーション面で卓越した業績を創出するためには、適材が必要となりますが、時間、コスト、戦略適合性の重要な観点を踏まえて、適切な金銭的なインセンティブを検討するために、マーサーのリサーチをご活用いただきたいと思います」 とマーサーのグローバルM&Aトランザクションサービス部門リーダーであるジェフ・コックスは述べている。

対象は経営層だけではない

本リサーチにおいて、リテンションプログラムは、経営層のみならず、より広範囲な層に対しても適用されていることが判明した。経営層以外のリテンションボーナスの対象者として、70%の企業が「インテグレーション上、重要な従業員が対象」、35%が「インテグレーションには関係しない従業員」と回答している(図3参照)。 後者は2012年のレポートと比較すると150%の上昇となる。 マーサーの北米役員報酬プラクティスリーダーであるグレッグ・パッシンは「入念に検討され導入されたリテンションプランは、ディールの価値を最大化するための一種の保険として捉えられている」と言及している。

人事・労務

NEXT STORY

【M&Aと税務】繰越欠損金がある会社の買収は節税効果あり?

【M&Aと税務】繰越欠損金がある会社の買収は節税効果あり?

M&Aの現場では、事業運営上の観点から買収M&Aで買収する会社に繰越欠損金がある場合の取扱いしたい会社にたまたま繰越欠損金があるケースに遭遇することはめずらしくありません。今回は買収する会社に繰越欠損金がある場合の取扱いについてご説明します。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344