menu
Social media

法律・マネー

【M&Aインサイト】厚労省の「組織の変動に伴う労働関係に関する対応方策検討会」が報告書を公表

Cover 4f7401a3 5a1a 456a a951 17a9cb0d21b2
※画像はイメージです

 2016年4 月13日、厚生労働省の「組織の変動に伴う労働関係に関する対応方策検討会」が報告書を公表しました。同報告書では、会社分割事業譲渡等の組織の変動の場面における労働者保護の政策に関する議論・検討の結果が報告されています。

 具体的には、会社分割については、会社分割に伴う労働関係の承継等に関する法律(「承継法」)等により、すでに労働者保護のために必要な一定の手続等が定められているものの、裁判例の蓄積等も踏まえ、①承継法上の主従事労働者の判断基準である「事業」の考え方を明らかにすること、②5 条協議(労働者との個別協議)の対象に承継される不従事労働者(承継事業に従事していない労働者)を加えること、③転籍合意により労働契約を移転する場合であっても、承継法上の手続が省略できないこと等を周知することや、労働者への通知事項に会社分割による労働条件の承継に関する事項を含めること等が提案されています。また、事業譲渡については、労働契約の承継に関して個別の労働者の同意が必要であること等から、これまで会社分割における承継法のような固有の法的措置は講じられていなかったところ、労働者の個別同意の実質性を担保し、労使間のコミュニケーションを促進するため、①労働契約の承継には個別の同意が必要であること、②不同意のみを理由として解雇することができないこと等の留意事項を周知することが提案されています。

 厚生労働省は、同報告書を踏まえ、承継法に基づく省令や告示の改正、事業譲渡に係る新たな指針の策定等の実施を予定しているとのことです。会社分割事業譲渡を伴う組織再編、M&Aの実務に影響が及ぶことが予想され、今後も注視していく必要があると思われます。


弁護士 大石 篤史
03-5223-7767
atsushi.oishi@mhmjapan.com

弁護士 徳田 安崇
03-6266-8934
yasutaka.tokuda@mhmjapan.com


文:森・濱田松本法律事務所 Client Alert 2016年5月号 Vol.29より転載

森・濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所は、国内案件・国際案件の双方において、 高度の専門性と豊富な経験・実績を有する大規模法律事務所です。 常にクライアントの皆様の期待に応え、「選ばれる事務所」であり続けることを目指しています。


法改正・判例

NEXT STORY

「日産・三菱自動車 国内取引状況」調査

「日産・三菱自動車 国内取引状況」調査

燃費試験データで不正工作を行った三菱自動車は、5月12日、日産を割当先とする第三者割当増資を発表、事実上日産の傘下に入ることとなった。両者の業務提携が進めば、仕入れ先の統合も進むことが予測され、2社合計で2300社強にもなる仕入れ先(重複を除く)は戦々恐々とした日々を送っていることだろう。ここでは企業データで知られる東京商工リサーチがまとめた日産・三菱自動車の国内取引状況を紹介する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c