menu
Social media

ビジネス

【短期集中連載】人事で制する日本のM&A/マーサージャパン 島田圭子氏インタビュー(第1回)

Cover 23556140 3ffb 4ad1 9aff 188def0eae7a
マーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門 プリンシパル島田圭子氏

日本企業が外国企業を買収するアウトバウンドの大型M&Aは活発になっている。だが、PMI(Post Merger Integration、買収後の統合プロセス)がうまくいかず、思うようなリターンを上げられないケースも多い。PMIのカギを握るのは、買収先企業の経営陣との関係だ。国内外の企業のM&Aに関わる人事デューデリジェンスや組織・人事面での統合を中心としたコンサルティングに豊富な実績を持つマーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門 プリンシパルで、この4月1日に部門代表に就任した島田圭子氏が語るM&Aを成功に導く人事施策のカギを短期集中連載する。

マネジメントを任せるなら
ガバナンスをしっかり利かせる

――日本企業のM&Aが、なかなか上手くいかない主因として、買収した海外企業の経営が現地経営陣にお任せになってしまっているという指摘が以前から多くなされていますが、日本企業のガバナンスの実態をどう見ていますか。
 日本企業の場合、現地に送るマネジメント人材の不足というのが共通の課題としてあります。海外企業のマネジメントを経験しないまま、いきなり例えば1万人規模の米国大手企業を経営することはできません。しかし、東証1部上場クラスであっても、日本企業の中では、外国企業を経営できる人材は非常に限られており、買収した企業となるとなおさら難度が上がる為、マネジメントは主に留任させた現地の経営陣に任せざるを得なくなります。マネジメントを任せる場合、ガバナンスをしっかり利かせなければ、PMIは非常に難しいことになってしまいます。

――日本企業はガバナンスを利かせられているのでしょうか。
 ガバナンスの第一歩として、親会社が意思決定に参加すべき事項を明確にして、マネジメント側に伝える必要があるのですが、そこで、つまずく日本企業も多いのが現状です。ガバナンスについて伝えるタイミングを逸したまま、クロージング(取引終了)からDay 1(統合当日)を迎えてしまい、「とりあえず取締役会や経営会議をそのままにしてスタートさせて、半年くらい様子を見ながらガバナンスを考えていこう」となってしまうケースも目立ちます。

 ところが、日本側の本社から派遣された人が、オブザーバーとして経営会議に同席すると、そこでは、親会社で決定すべきだと考えていた事項まで、どんどん現地経営陣の権限で意思決定が進められている。それを目の当たりにしたオブザーバーが、権限もないのに発言したり、後から決定事項を覆す動きに出たりします。定款や権限規定は変わっておらず、従来からのルールに従って意思決定を行っている現地経営陣の側からすれば、これは日本側がルールに反しているということになります。その不満が積もれば、嫌気が差してせっかくリテインした経営陣が辞めてしまうということになりかねません。

特集取材記事

NEXT STORY

 【M&Aインサイト】厚労省の「組織の変動に伴う労働関係に関する対応方策検討会」が報告書を公表

【M&Aインサイト】厚労省の「組織の変動に伴う労働関係に関する対応方策検討会」が報告書を公表

2016年 4月13日厚生労働省の報告書が公表されました。会社分割や事業譲渡を伴う組織の変動の場面における労働者保護の政策に関する議論・検討の結果について具体的にご紹介します。


注目の記事

Thumb 1134c05f 3167 49d0 8054 850e187c25e8

【パナソニック】M&Aなどの戦略投資に1兆円

「2018年度に向けて(M&Aなどで)戦略投資として1兆円を投じる」 パナソニック<6752>の津賀一宏社長は2015年度の事業方針発表会で、こう高らかに宣言した。2011年に陥った業績不振から脱却し、創業100周年となる2018年からは再び成長軌道を描ける企業に変身させるのが狙いだ。これまで戦略投資は着実に実施しており、あとは現在の事業計画の最終となる2018年1年を残すのみとなった。パナソニックの成長力を左右する2018年のM&Aにはどのようなドラマが隠されているのか。投資家のみならず、多くの関係者の視線が自ずと集まる。

Thumb fdb0639d 10bc 4042 ad71 2177901e1c55
Thumb de51ba52 1959 4e55 a041 5403be07ad69
Thumb 3b3eed12 3389 40bd a9f9 fe69accc9586