【元銀行員が語る】なんだかんだ銀行の待遇は良い!

alt
写真はイメージです。

銀行は斜陽産業といわれて久しい。ひと昔前は圧倒的な人気を誇った就職先としての銀行だが、採用人数が劇的に少なくなったこともあり、現在は商社やコンサルティング会社に押されている。

この記事を読んでいる方の中にも銀行は斜陽産業でもう未来はないと思っている方も多いのではないだろうか。しかし、実際に銀行に勤めていた私からみると銀行に就職するのは悪くないと感じている。

そこで今回は銀行に就職するメリットについて説明する。

メガバンクの勤務環境は予想以上に良い

銀行への就職と聞くと、激務や仕事がつまらないとのイメージが強いかもしれない。 確かに一部その通りだ。10年前までは朝7時出社 21時退勤が普通でそこから飲みに行くので家に付くのは24時を回るのが当たり前だった。

しかし現在はかなり勤務環境が整っており、営業現場の場合、8時出社で19時退勤が一般的になった。また週に一回早帰りとして17時に退勤できる。飲み会もコロナ後から劇的に減りほとんどの支店で飲み会はない。このように勤務環境はかなり改善されているので働くにはいい環境だろう。

給料も世間からみれば高い水準をキープしている。銀行の給料は世間からみればかなり恵まれているといえるだろう。入行時の給料は20万円とかなり低いが、今年から5万円程度上げるメガバンクがほとんどだ。

入行当初の給料は低いが、毎年3万円くらい毎月の給料は上がるので入行5年目くらいで年収は600万円を超える。

ここまでは基本、誰でも上がるので世間からみればかなり良い会社だろう。

そして入行6年目に最初の昇格のチャンスが来る。

無事に昇格して支店長代理になれば年収は900万円を超える。一気に300万円程度年収が上がるのだ。 そして課長やグループ長になれば年収は1000万円を超え、支店長になれば1200万円を超える。

その後、大きな店の支店長になれば1500万円、地域の支店を統括するエリア長になれば年収は2000万円程度になる。

もちろんエリア長になるのはかなり大変だが、支店長代理までは年数がかかってもほぼ全員がなれる。年収900万円もらえればかなりいい会社だと思っていただけるのではないだろうか。

NEXT STORY

LBOの低迷、今年も続く見通し=ムーディーズ

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2023/3/10
2023.03.10

財務省、政府保有のNTT株を3600億円で売却 保有義務は維持

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/9/19
2022.09.19

KKRなどPEファンドが日本の不動産に熱い視線

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/9/10
2022.09.10

デジタル資産「NFT」の急落、活路はゲーム産業か

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/7/12
2022.07.12

バフェット氏、米ゲーム大手アクティビジョンの株式を取得

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/2/19
2022.02.19

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5