合併時代を生き抜く

沿革のなかで特筆すべきは、新潟銀行時代に中条共立銀行を買収して以後、大正から昭和初期の約20年間強、銀行の大合併時代を積極果敢に生き抜いてきたことだ。第四銀行は下表のとおり、広い県内のそこかしこに点在する中小銀行を、まるで新潟市を頭にして両翼を広げる鷲のように、まさに鷲づかみのM&Aを重ね、版図を広げていった。

 大正から昭和初期、約20年強の第四銀行大合併時代


銀行名

M&A手法
1沼垂銀行1920合併
2鍵三銀行1920合併
3小須戸貯蓄銀行1921合併
4新発田銀行1921合併
5燕銀行1922合併
6与板銀行1924合併
7佐渡銀行1925合併
8三条信用銀行1927合併
9西吉田銀行1929合併
10加茂銀行1929合併
11巻銀行1929合併
12和納銀行1929合併
13塩沢銀行1930合併
14村松銀行1930合併
15小千谷銀行1930合併
16広瀬銀行1931合併
17今町銀行1932合併
18白根銀行1936合併
19村上銀行1938合併
20柏崎銀行1943買収
21百三十九銀行1943買収
22安塚銀行1943買収
23新潟銀行1943合併
24能生銀行1943合併
25新潟興業貯蓄銀行1944合併
26新潟貯蓄銀行1944合併

※全国銀行協会「銀行変遷史データベース」をもとに作成