トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >「カネ余り企業」アップルがチャットGPTを買収する可能性は?

「カネ余り企業」アップルがチャットGPTを買収する可能性は?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
マイクロソフトと密接な関係にあるチャットGPTの開発企業オープンAI(Photo By Reuters)

インフレ対策による景気悪化が懸念される米経済界だが、「あるところにはある」のがマネーだ。米アップルは大量の余剰資金を抱えており、2022年に自社株買いや配当などの株主還元で1000億ドル(約13兆1800億円)以上を投入したが、同年末に手元流動性が高い現預金や市場性証券を1650億ドル(約21兆7600億円)も保有している。そのため同社が大型買収に乗り出すのではないかとの観測が出ている。

アップルの豊富な手元資金に見合う買収先は?

もっともアップルは(同社にとっては、だが)小口の買収案件にしか手を出していない...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

解任されたフジテック内山前会長、オアシスに損害賠償訴訟を提起へ

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2023/3/30
2023.03.30

小田急、「ハイアットリージェンシー東京」などをKKRに譲渡

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2023/3/29
2023.03.29