日本初の宇宙ビジネスIPOとなったispaceのビジネスモデル

alt

月面への物資輸送を行うispaceが、2023年3月8日に上場承認され、4月12日に新規上場します。国内の宇宙ビジネスのIPO(新規株式公開)は今回が初めてです。

華々しい事業内容とは裏腹に、直近の資金調達時の時価総額から8割程度安い不本意なダウンラウンドIPOとなりました。公募価格254円の時価総額は192億円。官民ファンドINCJ(東京都千代田区)を含む数々のベンチャーキャピタルが出資していますが、オーバーアロットメント分を除く売出株数はゼロという異例の案件。上場後の株価の形成に注目が集まります...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

日立製作所、アステモ株式の一部をホンダと日立アステモに約1580億円で譲渡

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2023/4/1
2023.04.01

解任されたフジテック内山前会長、オアシスに損害賠償訴訟を提起へ

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2023/3/30
2023.03.30

丸紅、「ハイレモン」「ヨーグレット」の明治子会社を買収

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2023/3/5
2023.03.05

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5