ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

そうだったのか!組織再編条文の読み方|編集部おすすめの1冊

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識や教養として役立つ本も紹介する。

・ ・ ・ ・ ・

そうだったのか! 組織再編条文の読み方 中島礼子 著(中央経済社)

組織再編税制はカッコ書きやただし書き、政令委任などが多く、複雑で難解。そこで、この組織再編条文を読むために、最低限必要な知識とテクニックを解説したのが本書。

第1章で「組織再編成の税務はなぜ難しいか」の答えとして、二つの理由を挙げた。一つ目は一つの取引に関係する条文が数多くあり、どこを読めばよいか分からないという点。二つ目が条文のつくりそのものが複雑であり、読んでも意味が分からないという点。

その対策として「どの条文を読めばよいか分からない」については「慣れるまでは条文番号の付された書籍を参照し、組織再編税制の体系を理解する」とし、「条文のつくりが複雑で読んでも意味が分からない」については「手順を踏んで解きほぐして読む」との答えを示した。そのうえで「全体像を理解したうえで、正しい手順で読むのがポイント」とまとめた。

こうした考えを踏まえたうえで、この後の第2章で条文を読むための基本テクニックを解説。第3章では押さえておくべき事項を整理した。この後、実際の組織再編条文を読むための技術を実戦形式で紹介し、第4章では適格要件を、第5章では欠損金利用制限を取り上げた。 

第6章では誤りやすいケースと再編用語を取り上げ、条文を読まずに判断することによるトラブル事例などを示し、第7章では知っておくと便利な法律、政令、省令の対応表を掲載した。 

こうした構成と内容について筆者は「本書は組織再編税制の解説書というより、条文読解の技術書といった方が適切かもしれません」と記している。価格は税抜き2800円。(2018年11月発行)

組織再編条文の読み方

文:M&A online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

平成31年度税制改正でM&Aに関係する組織再編税制の変更点は?しっかり学ぶM&A基礎講座(50)

平成31年度税制改正でM&Aに関係する組織再編税制の変更点は?しっかり学ぶM&A基礎講座(50)

2019/01/14

「平成31年度税制改正大綱」が公表され、昨年12月21日に閣議決定がなされました。M&Aに関係するところでは組織再編税制にかかる変更点があります。「逆さ合併」や「三角合併」が行われた際のニーズにより柔軟に応えるものとなりました。