アップル、アプリ値上げで気になる新iPad Proの「価格」

alt

米アップルは10月5日から「iPhoneシリーズ」や「iPadシリーズ」などで利用するアプリケーションソフトの価格を一律で値上げすると発表した。為替変動に伴う措置で、対ドルで通貨安になった円やユーロなどによる決済が対象だ。そうなると気になるのは、来月に発売される「iPad pro」シリーズの価格だ。

アプリの為替レートは1ドル=161円61銭に

日本では「App Store」でのアプリ販売価格が22.4〜44.3%値上げされる。最低価格は現在の120円から160円に引き上げられた。米国価格では0.99ドルなので、1ドル=121円21銭から同161円61銭の円安に振れたことになる。10月には新型の「iPad Pro」と「iPad」が発売される見通しだ。この最新レートが適用されると、価格はどうなるのか?

新型「iPad Pro」と「iPad」の米国での価格は変わらない可能性が高い。9月に発売した「iPhone14シリーズ」でも、米国価格は据え置かれている。現行「iPad Pro」の価格は11インチ版で799ドルから、12.9インチ版で1099ドルから。

これを「App Store」での為替レートで計算すると、次期「iPad Pro」の11インチは12万9100円から、12.9インチ版は17万7600円からとなる。現行の「iPad Pro」の11インチは11万7800円から、12.9インチは15万9800円からなので、それぞれ1万1300円、1万7800円ほどの値上げになる。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

アップルウォッチ新モデル「Ultra」は買い?それとも待ち?

アップルウォッチ新モデル「Ultra」は買い?それとも待ち?

2022/09/21

米アップルは新モデルの「Apple Watch Ultra」を発売する。ウォッチは従来の本流モデル「8」と低価格モデルの新型「SE」を含めて3本立てとなる。コンセプトを一新した「Ultra」だが、果たして「買い」か、それとも「待ち」なのか?