9月のiPhone13は「待ち」、来春のSE3は「買い」か

alt

いよいよ来月、アップルファンが待ちわびた「iPhone13」が発表される見通しだ。アップルでは最も盛り上がる新製品発表だが、今年は大きな期待をしない方が良いかもしれない。アップル恒例の事前情報リークで「次期モデル名は『iPhone 12s』になるのではないか」と取りざたされるなど、マイナーチェンジに終わる可能性が高いからだ。

モデル、デザイン、カメラ…どれも大きな変更なし

モデル構成は「12」を踏襲し、「iPhone 13」「同 mini」「同 Pro」「同 Pro Max」の四つ。「12 mini」の販売が振るわなかったため「mini」モデルの廃止も囁かれたが、次期モデルでは存続するようだ。

本体デザインもほとんど変わらず、接続端子も「MacBook」シリーズや「iPad pro」「 同 Air」に採用されている汎用性の高い「USB-C」ではなく、アップル独自仕様の「Lightning」のまま。コロナ禍のマスク着用で使いにくいと不評の顔認証対策のため、復活が期待されている指紋認証の「Touch ID」は、本体のデザイン変更が必要なことから非搭載となりそうだ。

カメラ性能は相変わらずの1200万画素で、レンズ数も「13」と「mini」が2個、「Pro」が3個のままとなる可能性が高い。カメラ性能では定評がある「iPhone」だが、さすがに画素数は厳しくなってきた。2000万画素以上への引き上げが急務だ。

NEXT STORY

次期「iOS 15」が5年前に発売した「SE」に対応する理由

次期「iOS 15」が5年前に発売した「SE」に対応する理由

2021/06/09

米アップルが2021年6月8日に発表した、今年秋の「iPhone13」に搭載する「iOS 15」が話題になっている。同OSではビデオ電話アプリ「FaceTime」の強化などが盛り込まれるが、今回注目されているのは機能よりも旧機種への対応だ。