いよいよ「iPad mini」にProモデルが登場する!

alt

2021年春にも発売されると予想されていた次期「iPad mini」だが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による半導体不足の影響で投入されないまま夏を迎えた。しかし、ようやく次期モデルの投入情報が囁かれ始めた。しかも、かなりの機能アップが見込めるというのだ。

今年秋の次期「iPad mini」投入予想が続々

米ブルームバーグのマーク・ガーマン記者はニュースレターで、「iPad Air」を小型化したデザインの「iPad mini 6」が2021年秋に発売されると伝えた。今年3月にアップルウオッチャーのカン康总氏が「mini 6は現行機にあるホームボタンが廃止され、フルスクリーンになる」と予測したデザイン情報と一致する。

アップルウオッチャーのジョン・プロッサー氏によると「iPad mini 6」でライトニング端子は廃止され、「iPad Air」や「iPad Pro」と同じUSB-C端子に変更されるという。

アナリストのミンチー・クオ氏は「iPad mini 6」の画面サイズが8.5〜9インチに拡大されると予想している。「iPad Air」や「iPad Pro」同様、ベゼル(外枠)を細くすることで、本体は7.9インチディスプレーを搭載する現行miniと変わらない見込みだ。

台湾のニュースサイトDigiTimes asiaは、12.9インチ「iPad Pro」に初採用したミニLEDディスプレーが搭載されると予想している。ただ、これについてはディスプレー業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏から異論が出ている。

NEXT STORY

次期「iOS 15」が5年前に発売した「SE」に対応する理由

次期「iOS 15」が5年前に発売した「SE」に対応する理由

2021/06/09

米アップルが2021年6月8日に発表した、今年秋の「iPhone13」に搭載する「iOS 15」が話題になっている。同OSではビデオ電話アプリ「FaceTime」の強化などが盛り込まれるが、今回注目されているのは機能よりも旧機種への対応だ。