「iPhone SE3」の値上げは今後の円安を織り込み済み?

alt

米アップルの廉価版スマートフォン「iPhone SE」(第3世代)が発売された。前モデルよりも8000円ほど値上げされ、ついに5万円の大台を超えた。それでも現行機種で最も安い「iPhone13 mini」の8万6800円(最も安いモデル、以下同)に比べれば安いが、問題は日本での価格だ。

日本の値上げ率は米国の2倍以上

実は米国でもSE3は値上げされている。SE2の399ドルから、SE3は429ドルと30ドルの値上がり。値上げ率は7.5%だ。一方、日本ではSE2が4万9800円から5万7800円と8000円も値上がりしている。日本での値上げ率は16.1%と2倍以上だ。

なぜ、日本での価格がここまで値上がりしたのか?その背景には弱含みの円相場がある。SE2の価格為替レート(日本価格を米国価格で割った値)は1ドル=約125円、一方、SE3は約135円と10円も円安方向に振れているのだ。

iPhone日米価格比較
機種名 iPhone SE3 iPhone SE2 差額
日本価格(円) 57,800 49,800 8,000
米国価格(ドル) 429 399 30
価格為替レート(円) 135 125 10

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

マイナーチェンジにとどまる新型「iPhoneSE3」は買いか?

マイナーチェンジにとどまる新型「iPhoneSE3」は買いか?

2022-03-07

米アップルが3月8日に新製品発表イベントを開催する。今回は「iPhone SE」(第3世代)の発売が確実視されている。「SEシリーズ」は廉価版ながら「Pro」と同じCPUを搭載する「お買い得」な機種として人気がある。SE3は「買い」なのか?