アップルが「iPhone SE(第3世代)」を大型化する理由

alt

「iPhone SE(第3世代)」についての情報が出始めた。まだ確定情報には程遠く、発売時期ですら2022年から2024年と幅がある。しかし、モデルチェンジの方向性は見えてきた。それは「SE」の大型化だ。複数の情報サイトが次世代SEは「iPhone XR」のボディーを流用すると伝えている。

SE3の「大型化」は必然

XRは2018年9月に発売されたモデルで、画面サイズは6.1インチ、本体サイズは高さ150.9mm×幅75.7mm×厚さ8.3mm、重量は194gだ。これに対して現行の「SE(第2世代)」は、それぞれ138.4mm、67.3mm、7.3mm、148gなので、「SE3」がXRのボディーを流用すればかなりの大型化になりそうだ。

SE3の仕様には諸説ある。SE3は従来通り「iPhone 8」のボディーを継続使用し、XRのボディーを流用するのは「iPhone SE Plus」との見方も出ている。しかし、「8」は来年9月には発売から5年が経過する。

初代「SE」とSE2が共に3年前のモデルのボディーを流用していることから、SE3の発売が2021年だとすれば3年前に発売されたXRのボディーが流用されるだろう。逆に言えばXRのボディーを利用するのが事実であれば、今年中か来春にSE3が投入される証拠とも言える。

では、近く発売されるのはSE3なのか、それとも大型機の「SE Plus」なのか?これについてはSE3の可能性が高い。SE3が大型化するのでSE Plusと誤解されたのだろう。

なぜなら、SE3がサイズアップすることで、iPhoneのモデルラインがすっきりするからだ。つまり、高級機の「iPhone 13 pro」、標準機の「iPhone 13」、小型機の「iPhone 13 mini」、それに廉価版のSE3だ。

NEXT STORY

9月のiPhone13は「待ち」、来春のSE3は「買い」か

9月のiPhone13は「待ち」、来春のSE3は「買い」か

2021/08/27

いよいよ来月、アップルファンが待ちわびた「iPhone13」が発表される。アップルでは最も盛り上がる新製品発表だが、大きな期待をしない方が良いかもしれない。マイナーチェンジに終わる可能性が高いからだ。むしろ、狙い目は来春発売の「SE3」だ。