ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

クラフトハインツがユニリーバに買収提案。3G動く

alt
ユニリーバは世界中で400以上のブランドを展開している

アルトリアはアメリカ中心にタバコ製造を行う企業ですが、世界販売を担当するフィリップ・モリスをスピンオフしました。タバコだけではなくクラフトフーズも元々はアルトリア傘下でした。ほかにはインスタントコーヒーのマキシム、ナビスコも傘下でした。

もしユニリーバの買収が成功した場合、食品・日用品のコングロマリットを目指すのか、それとも再編後に食品と日用品を分社化するなどの考えがあるのでしょうか。または今回の買収提案で株価が下がった(意図的に下げた?)モンデリーズやほかの食品企業にターゲットを変更するのか。

今回の買収提案がどのような結果になるのか注目です。(次回へ続く)

前回の記事はこちら バフェットとタッグを組んだ3Gキャピタルの次なる獲物は

本記事は、「MoneY wave」より転載しております。
原文を読みたい方は、こちらをどうぞ

MoneY wave管理人 イエローバード

投資のヒントになる情報をPick up あらゆる投資手段で困難な時代を乗り切るブログ「MoneY wave」を運営。

どれだけ景気がよくなったと言われても、肌で実感できなければ景気がいいとはいえないのです。企業の株価があがっても、わたしたちの給料はあがりません。むしろ減る一方です。そんな時代だからこそ、会社に頼らずに自らの力で生きていけるようになることが大切です。
今からでも遅くはありません。お金を貯めて、そしてお金にも働いてもらい、仲間を連れてきてもらいましょう。
お金の波に乗る。
MoneY waveに乗りましょう。


NEXT STORY

バフェットとタッグを組んだ3Gキャピタルの次なる獲物は

バフェットとタッグを組んだ3Gキャピタルの次なる獲物は

2017/02/25

投資ファンドの3Gキャピタルが動き出したようです。次の買収対象はどこでしょうか。