記事一覧

ワクチン接種をためらっている人に朗報「KMバイオロジクス」が国産新型コロナワクチンの実用化を1年前倒し

ワクチン接種をためらっている人に朗報「KMバイオロジクス」が国産新型コロナワクチンの実用化を1年前倒し

明治ホールディングス傘下の製薬会社であるKMバイオロジクスは、開発中の新型コロナウイルス用国産ワクチンの実用化時期を当初予定の 2023年度中から2022年度中に1年前倒しする。

記事を読む
【ポプラ】M&Aで全国展開を仕掛けた「老舗コンビニ」の転機

【ポプラ】M&Aで全国展開を仕掛けた「老舗コンビニ」の転機

本拠地の広島から東京など広範囲にコンビニエンスストアをチェーン展開するポプラ。2020年9月に事業構造改革を発表した。「ポプラ」などコンビニ468店舗のうち140店舗を新設した100%子会社へ譲渡し、「ローソン・ポプラ」にブランド転換中だ。

記事を読む
「事業承継・引継ぎ補助金」9月30日から

「事業承継・引継ぎ補助金」9月30日から

中小企業庁は9月30日、2021年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募を開始する。申請は10月21日まで。同補助金は2021年1月、新型コロナウイルスの緊急経済対策として新設され、2021年度は当初予算で初めて計上された。

記事を読む
コロナ後の旅のスタイルは?「HIS」がCO2排出や伝統食などで新プラン

コロナ後の旅のスタイルは?「HIS」がCO2排出や伝統食などで新プラン

HISはコロナ後を見据え、旅行者が自身の旅行で排出される二酸化炭素CO2をオフセット(相殺)することのできる旅行プランを販売するほか欧州に日本酒などのアンテナ店を開業する。

記事を読む
河野太郎大臣が高市前総務相の「電磁波兵器」を一蹴した理由

河野太郎大臣が高市前総務相の「電磁波兵器」を一蹴した理由

自由民主党総裁選挙に出馬した高市早苗前総務相がテレビ番組で、弾道ミサイルを相手国領域内で無力化する「敵基地攻撃能力」として「使えるツールは電磁波や衛星」と発言した。これに対して「そんなことが本当に可能なのか?」と疑問視する声もあがっている。

記事を読む
総裁選の自民党、知っているようで知らない「派閥」のM&A史とは?

総裁選の自民党、知っているようで知らない「派閥」のM&A史とは?

「ポスト菅」を決める自民党総裁選のキーワードの一つは今回も「派閥」だ。4人が立候補したが、党内7派閥のうち、岸田派を除く6派閥は支持する候補の一本化を見送った。“党中党”ともいわれる派閥のM&A史をひも解いてみるとー。

記事を読む
【南都銀行】圧倒的な県内シェア、「まほろばの再興」を旗を振る|ご当地銀行のM&A

【南都銀行】圧倒的な県内シェア、「まほろばの再興」を旗を振る|ご当地銀行のM&A

第六十八国立銀行など4行が合同して南都銀行。りそな銀行が奈良銀行を吸収合併して以降、県内で圧倒的な強さを誇る。県内のリーディングバンクとして、「実質県内総生産(GDP)を2030年3月までの10年間で10%増加させる」とぶち上げた。

記事を読む
再開近づく「海外出張」現地の安全確保や帰国時の対応は?

再開近づく「海外出張」現地の安全確保や帰国時の対応は?

ワクチン接種が進み行動制限の緩和が見込まれる中、海外出張や帰国者を対象にしたサービスが現れてきた。今後、海外出張の増加とともに、現地での安全確保や帰国時対応などに関するニーズも増えていきそうだ。

記事を読む
「金融再生請負人」|編集部おすすめの1冊

「金融再生請負人」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部が今回紹介するのは「金融再生請負人」(山本貴之著、きんざい刊)。舞台は静岡県浜松市の「うみはま銀行」。ライバル行から買収攻勢を仕掛けられる中、単独での生き残りを賭けて地域デジタル戦略を起死回生策として打ち出す。

記事を読む
金子眼鏡をフォーナインズとの経営統合に導いた日本企業成長投資とは

金子眼鏡をフォーナインズとの経営統合に導いた日本企業成長投資とは

日本企業成長投資が2019年10月に出資をした金子眼鏡が、フォーナインズとグループ経営体制に移行し、ジャパン・アイウェア・ホールディングが発足しました。国内唯一となるラグジュアリーアイウェア(高級眼鏡)グループが誕生したこととなります。

記事を読む
デジポケが破産開始 暗号資産(仮想通貨)の返還が不能に

デジポケが破産開始 暗号資産(仮想通貨)の返還が不能に

東京地裁に破産を申請していたデジポケが8月27日、破産開始決定を受けた。負債総額は債権者約2000名に対して約101億円(破産開始決定時の仮想通貨の価格で金銭評価した額)。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 9月13日~17日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 9月13日~17日

1週間(9月13日~17日)のM&Aニュースを動画にまとめました。

記事を読む
『クーリエ:最高機密の運び屋』ドミニク・クック監督インタビュー

『クーリエ:最高機密の運び屋』ドミニク・クック監督インタビュー

『クーリエ:最高機密の運び屋』はキューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男たちの葛藤と決断を描いた作品です。今回はドミニク監督にキャスティングや作品当時の国際情勢などインタビューしました。

記事を読む
幸楽苑が大変身「ラーメン」と「からあげ」をコラボ

幸楽苑が大変身「ラーメン」と「からあげ」をコラボ

ラーメンチェーン「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングスが変身を始めた。から揚げの「幸楽苑のからあげ家」と「幸楽苑」とを合体し、イートインとテイクアウトの両方の需要に対応しようという作戦だ。

記事を読む
大学発ベンチャーの「起源」(41) RTi-cast

大学発ベンチャーの「起源」(41) RTi-cast

RTi-castは東北大学発の災害情報ベンチャー。同社CTOを兼務する越村俊一東北大災害科学国際研究所教授の研究成果を元に、国際航業やNEC、エイツーなどの民間企業との産学共同で2018年5月に設立した。目指すは高速高精度の津波被害予測だ。

記事を読む
SBIホールディングスによる新生銀行のTOB価格は高すぎる?

SBIホールディングスによる新生銀行のTOB価格は高すぎる?

SBIホールディングスによる新生銀行への株式公開買い付け(TOB)が話題になっています。このTOB価格(2,000円/株)は、高いのでしょうか、安いのでしょうか。証券アナリストの視点で検証してみたいと思います。

記事を読む
M&A支援機関、専門業者など493件が登録|中小企業庁

M&A支援機関、専門業者など493件が登録|中小企業庁

中小企業庁は9月13日、新たな「M&A支援機関登録制度」で公募している登録ファイナンシャルアドバイザー(FA)及び仲介業者の中間結果を公表した。登録要件を満たしたのは493件で、M&A専門業者が半数超を占めた。

記事を読む
一風堂が方針を急転換、低投資・早期回収のロードサイド型を強化

一風堂が方針を急転換、低投資・早期回収のロードサイド型を強化

一風堂が新常態に向けてビジネスモデルを大きく転換しました。これまでは繁華街やショッピングモールを中心に出店してきましたが、矢継ぎ早にロードサイドと小商圏型の店舗を出店。低投資で早期回収が見込める郊外型へとスイッチしました。ラーメン店の中でも一風堂は苦戦をしています。

記事を読む
最速評価レビュー!アップル新製品4モデル「買い」か「待ち」か

最速評価レビュー!アップル新製品4モデル「買い」か「待ち」か

毎年恒例となっている秋のアップル新製品発表会。今年は4モデルが同時発表された。ユーザーにとって悩ましいのは、新モデルが「買い」なのか、それとも「待ち」なのか?そこで2021年9月15日に発表された新モデルの「買い」と「待ち」を評価してみた。

記事を読む
食べ放題50人に1人が無料に「カッパ寿司」が攻勢

食べ放題50人に1人が無料に「カッパ寿司」が攻勢

カッパ・クリエイトが攻勢をかけている。2021年9月15日からカッパ寿司全店で、“すごい”煮干ラーメンの販売を始めたほか、9月16日から24日の間の5日間は、食べ放題「くじ引き付 食べホー」を実施する。

記事を読む
【三光マーケティングフーズ】居酒屋事業の苦境打破なるか 「水産事業」育成へM&A

【三光マーケティングフーズ】居酒屋事業の苦境打破なるか 「水産事業」育成へM&A

居酒屋チェーン「金の蔵」を展開する三光マーケティングフーズ。新型コロナ禍で外食企業の多くが疲弊しているが、同社も例外ではない。逆境下、活路を求めて水産事業を立ち上げ、その一環として11年ぶりの企業買収に取り組む。反転攻勢ののろしとなるか。

記事を読む
SBIによるTOB対応で新生銀、現時点で決定事実はないと発表

SBIによるTOB対応で新生銀、現時点で決定事実はないと発表

9月15日、新生銀行は、SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)に関連して、「様々な検討を行っている」としたものの、現時点において決定している事実はない、とするコメントを発表した。

記事を読む
M&Aの相続対策、思わぬリスク~空き家になるとどうなる?

M&Aの相続対策、思わぬリスク~空き家になるとどうなる?

相続により受け継いだ自宅は思い出深さや片付けの手間から、そのまま空き家になってしまうケースも少なくない。どんな注意が必要なのだろうか。

記事を読む
ロードサイド中心の「山岡家ラーメン」コロナ越えの可能性も

ロードサイド中心の「山岡家ラーメン」コロナ越えの可能性も

ラーメンチェーン店の丸千代山岡家の、2022年1月期第2四半期の営業損益が黒字転換した。当初500万円の赤字見込みだったが、原材料費や人件費、店舗運営コストなどの抑制により黒字化を達成した。

記事を読む
【M&A】中小企業庁、M&A支援機関に係る登録制度を創設

【M&A】中小企業庁、M&A支援機関に係る登録制度を創設

中小企業庁は、2021年8月2日、M&A支援機関のうちFA業務又は仲介業務を行う者を対象とする登録制度を創設する旨を公表し、8月24日、登録申請受付を開始しました。

記事を読む

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5