記事一覧

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 12月20日~24日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 12月20日~24日

1週間(12月20日~24日)のM&Aニュースを動画にまとめました。

記事を読む
年末に観たい映画『ディア・エヴァン・ハンセン』

年末に観たい映画『ディア・エヴァン・ハンセン』

ブロードウェイ・ミュージカル「Dear Evan Hansen(ディア・エヴァン・ハンセン)」が待望の映画化となりました。観客に希望を与える結末となっており、年末年始に観たい映画としておすすめの1本です。

記事を読む
「やまぜんホームズ」定額注文住宅で業界に新風|【東証PRO】

「やまぜんホームズ」定額注文住宅で業界に新風|【東証PRO】

2017年3月に東京PROマーケットに上場したやまぜんホームズ(三重県桑名市)。『わんこパック』という定額注文住宅を武器に、「食」「介護」と多角化して業績を伸ばしてきた。

記事を読む
大学発ベンチャーの「起源」(47) ブルックマンテクノロジ

大学発ベンチャーの「起源」(47) ブルックマンテクノロジ

ブルックマンテクノロジ(浜松市)は静岡大学発のイメージセンサー開発ベンチャー。イメージセンサーの「画像のきれいさ」と、CMOS回路の「高速性」を融合する技術が強みだ。

記事を読む
「東急ハンズ」は「カインズ」に変わってしまうのか

「東急ハンズ」は「カインズ」に変わってしまうのか

ホームセンター最大手のカインズは2022年3月31日に、東急不動産ホールディングス<3289>子会社の東急ハンズを子会社化する。半世紀近い歴史を持つ東急ハンズは、カインズに変わってしまうのだろうか。

記事を読む
国内酒類の売上でキリンがアサヒ国内2位の座を奪えるか

国内酒類の売上でキリンがアサヒ国内2位の座を奪えるか

国内酒類2位のアサヒがキリンに脅かされています。アサヒの国内酒類事業2021年12月期第3四半期の売上高は前年同期比9.3%減の5,034億円。キリンは前年同期比1.2%増の4,850億円となりました。ビールと飲食店比率の高いアサヒが打撃を受けています。

記事を読む
東急不動産HDが「ハンズ」をカインズに売却した理由

東急不動産HDが「ハンズ」をカインズに売却した理由

東急不動産ホールディングスが市街地立地型ホームセンターの東急ハンズを、大型ホームセンターを運営するカインズへ売却すると発表した。「文化発信拠点」として東急グループのイメージアップにも貢献してきたハンズ。なぜ現在になって手放すことにしたのか?

記事を読む
KeyHolder「アイドルに会える」株主優待休止で株価下落

KeyHolder「アイドルに会える」株主優待休止で株価下落

SKE48や乃木坂46といったアイドルグループの物販などを手がけるKeyHolderが、12月末で株主優待制度を休止することになった。株主にポイントが付与され、ライブ配信の視聴やバックステージツアー招待といった特典との引き換えが可能だった。

記事を読む
新生銀行・関西スーパー・東京機械製作所…「劇場型」の買収攻防戦が相次ぐ

新生銀行・関西スーパー・東京機械製作所…「劇場型」の買収攻防戦が相次ぐ

2021年のM&A戦線ではマスコミの報道がヒートアップする「劇場型」の攻防が相次いだ。新生銀行のTOB(株式公開買い付け)、関西スーパーマーケットの争奪戦、東京機械製作所をめぐる株式の買い占め問題だ。

記事を読む
外食・フードサービスの2021年(2021年1月1日~12月21日)のM&A 件数、金額ともに過去10年間で最低に

外食・フードサービスの2021年(2021年1月1日~12月21日)のM&A 件数、金額ともに過去10年間で最低に

2021年(2021年1月1日~12月21日)の外食・フードサービス業界は、コロナ禍の厳しい風にさらされ続けた。M&Aの発表件数は2年連続で減少し、2012年以降の10年間では最低となった。

記事を読む
事業再生スキームで使用される「第二会社方式」とは

事業再生スキームで使用される「第二会社方式」とは

経済的に窮状に陥った企業が生き残るには、経営を再建しなければなりません。今回は事業再生でよく使われる「第二会社方式」のスキームとメリットをご紹介します。

記事を読む
相次いで登場する新型コロナ治療薬 7番目はファイザー製か?日本政府は200万人分の購入で合意

相次いで登場する新型コロナ治療薬 7番目はファイザー製か?日本政府は200万人分の購入で合意

日本政府は、米国の大手製薬会社ファイザーが開発中の新型コロナウイルス治療薬「PF-07321332/リトナビル」を、薬事承認を条件に、200万人分を購入する合意書をファイザーと交わした。

記事を読む
コロナ禍の中「収入」が増えるのはどんな人「アデコ」「マイナビ」「ビースタイル」の調査によると

コロナ禍の中「収入」が増えるのはどんな人「アデコ」「マイナビ」「ビースタイル」の調査によると

コロナ禍で職を失い苦境に陥る人たちが目立つ中、いくつかの調査では、転職で収入を増やす人が多く、人手不足を背景にアルバイトやパートの時給が上昇するなどの現象が生じている。

記事を読む
「ガソリン車廃止」反対のトヨタがレクサスを全車EV化する理由

「ガソリン車廃止」反対のトヨタがレクサスを全車EV化する理由

トヨタがEVを本格展開することになった。その目玉となるのが同社の高級ブランド「レクサス」だ。豊田章男社長が「すべてがEVになればよいという話ではない」主張しているにもかかわらず、「レクサス」ブランドはすべてEV化するという。その狙いは何か?

記事を読む
M&A税務(3)グループ通算制度(加入時の時価評価と繰越欠損金)

M&A税務(3)グループ通算制度(加入時の時価評価と繰越欠損金)

グループ通算制度では、税務上、譲渡企業の資産の時価評価が必要となる場合があります。今回は、加入前に評価損益の計上が必要となる場合の要件を説明します。

記事を読む
「お年玉で投資デビュー」「ゴルフで尊敬の念を育む」子どもが生きいくうえで必要な能力とは

「お年玉で投資デビュー」「ゴルフで尊敬の念を育む」子どもが生きいくうえで必要な能力とは

子どもが生きていくうえで必要な能力を伝授する取り組みが動きだした。「学校教育だけで子どもが将来一人で社会を生き抜けるか不安」「人生に充実感をもたらす多様な価値観を教えたい」といったニーズに応えるのが目的だ。

記事を読む
「SWOT分析による戦国武将の成功と失敗」|編集部おすすめの1冊

「SWOT分析による戦国武将の成功と失敗」|編集部おすすめの1冊

武田勝頼、上杉景勝、北条氏政ら戦国武将12人が行った事業承継やブランディング、人事、生存戦略などを、SWOT分析の手法を用いて、現代のビジネスで参考になるようにまとめた。

記事を読む
【2022年】年末年始必見!映画10作品をまとめて紹介します

【2022年】年末年始必見!映画10作品をまとめて紹介します

やっと「見たい映画が多くて、迷ってしまう」という現象が映画館に帰ってきました。今回は2021年クリスマス&2022年お正月に公開される映画の中から、おすすめの10作品を一気にまとめてご紹介します(公開日順)。

記事を読む
「HIS」「JTB」「NTA」あの手この手の挽回策とは

「HIS」「JTB」「NTA」あの手この手の挽回策とは

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、大打撃を受けている旅行会社3社が、あの手この手の挽回策を打ち出している。3社とも業績は厳しい状況が続いており、当面はあの手この手の挽回策が続くことになりそうだ。

記事を読む
24人の死者を出した大阪繁華街ビル火災、同じ事態になったら?

24人の死者を出した大阪繁華街ビル火災、同じ事態になったら?

大阪市の繁華街北ビルで12月17日に発生した火災は、わずか30分ほどで鎮火したにもかかわらず、24人もの死者を出す大惨事になった。火元になったのは心療内科・精神科クリニックで、放火とみられる。万一そうした事態に遭遇したらどうすればいいのか。

記事を読む
業務スーパーの神戸物産、過去最高の業績を更新

業務スーパーの神戸物産、過去最高の業績を更新

「業務スーパー」のFC事業を展開する神戸物産は、2021年10月期(連結)の売上高、最終利益がともに過去最高を更新したと発表した。売上高は前期比6.2%増の3620億6400万円、最終利益は同30.2%増の195億9200万円だった。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 12月13日~17日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 12月13日~17日

1週間(12月13日~17日)のM&Aニュースを動画にまとめました。

記事を読む
最大のセキュリティホールは人である 映画『ファイヤーウォール』

最大のセキュリティホールは人である 映画『ファイヤーウォール』

家族を人質に取られた地方銀行幹部の奮闘を描いたサスペンスムービー『ファイヤーウォール』(2006)。家族の命を守るため、自らが構築した鉄壁のセキュリティシステムに挑むセキュリティの専門家を、ハリソン・フォードが体当たりで演じています。

記事を読む
“寅年”法人 最古は1878年設立の四国銀行、百五銀行

“寅年”法人 最古は1878年設立の四国銀行、百五銀行

2022年の干支は寅(とら)。全国で寅年に設立された法人は20万7,099社で、最も古い法人は1878(明治11)年設立の四国銀行(高知)と百五銀行(三重)の2行。全国の約330万法人のうち、寅年の設立は十二支では最も少ない6.1%だった。

記事を読む
いよいよ新型コロナワクチンの製造に乗り出す「武田薬品」他のワクチンとどこが違う?

いよいよ新型コロナワクチンの製造に乗り出す「武田薬品」他のワクチンとどこが違う?

武田薬品工業は2021年12月16日に、米国の製薬会社ノババックスが開発中の新型コロナウイルスワクチンの製造販売承認を厚生労働省に申請した。ファイザーやモデルナなどの他のワクチンとどのように違うのだろうか。

記事を読む