記事一覧

山口県岩国市が最悪の「コロナ感染ホットスポット」となった理由

山口県岩国市が最悪の「コロナ感染ホットスポット」となった理由

山口県岩国市の新型コロナウイルス新規感染者数が1月6日に81人を記録した。総人口の0.062%に相当し、東京都に当てはめると8676人という猛烈な感染拡大だ。これまではコロナ感染の影響が限定的だった岩国市で、なぜここまで感染が拡大したのか?

記事を読む
Gucci(グッチ)創業者一族の内紛を映画化『ハウス・オブ・グッチ』

Gucci(グッチ)創業者一族の内紛を映画化『ハウス・オブ・グッチ』

GUCCI(グッチ)創業者一族の確執とその中で起きた創業者の孫にあたる3代目マウリツィオ・グッチ社長殺害事件を描いた『ハウス・オブ・グッチ』が2022年1月14日(金)に公開される。

記事を読む
「工場夜景」「Ghana TIE」変わり種バレンタイン商品とは

「工場夜景」「Ghana TIE」変わり種バレンタイン商品とは

2月14日のバレンタインデーに向け、さまざまなチョコレート商品やイベントが生まれる中、企業の連携による、ちょっと変わったバレンタイン商品が登場した。どんなものなのか。

記事を読む
米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

米国のDEAN & DELUCAが2020年3月31日米連邦破産法11条の適用を米ニューヨークの裁判所に申し立てました。負債総額は約550億円。倒産から2年半近く経過した後も日本の店舗は通常通り営業をしており、破産の影響は一切受けていません。

記事を読む
入院や死亡のリスクが87%減少、コロナ治療薬レムデシビル「オミクロン」にも有効

入院や死亡のリスクが87%減少、コロナ治療薬レムデシビル「オミクロン」にも有効

新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」の投与により「新型コロナウイルス感染症に起因する入院」と「原因を問わない死亡」のリスクが 87%減少することが分かった。

記事を読む
赤字拡大の「HIS」と黒字転換見込む「JTB」その分かれ目は?

赤字拡大の「HIS」と黒字転換見込む「JTB」その分かれ目は?

HISの2021年10月期の営業損益が、前年度の2倍強となる640億円ほどの大赤字となった。JTBは赤字幅が縮小傾向にあり、2022年3月期は当期黒字を見込む。両社の分かれ目は何なのか。

記事を読む
2021年の世界M&A初の5兆ドル超え PEやSPACが存在感

2021年の世界M&A初の5兆ドル超え PEやSPACが存在感

2021年のM&A(合併・買収)は低金利環境や株高を背景に記録的な規模に膨らんだ。ディールロジックによると、21年の世界のM&A総額は初めて5兆ドルを超え、07年の最高記録(4兆5500億ドル)を大幅に更新した。

記事を読む
「対話と傾聴」で事業継承を支援する 角野然生中小企業庁長官

「対話と傾聴」で事業継承を支援する 角野然生中小企業庁長官

コロナ禍で経済環境は大きく変わった。それに加えて中小企業の後継者不足は、ますます深刻になっている。ポストコロナ時代を生き抜き、大量廃業を防ぐためにも、M&Aを含む事業承継は大きな課題だ。そこで角野然生中小企業庁長官に政府の支援策を聞いた。

記事を読む
元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

元メガバンク行員が語る…銀行でM&Aを行う法人営業部とは、支店との違いは?

M&Aの相談を銀行にする際に、銀行と取引がある経営者であれば、よくお分かりだと思うが、メガバンクの場合は、支店ではなく法人営業部に行うのが一般的だ。では、「法人営業部」と「支店」はどう違うのか?

記事を読む
【M&A相談所】事前に譲渡後のセカンドライフを考えるべきか

【M&A相談所】事前に譲渡後のセカンドライフを考えるべきか

私はこれまで会社経営一筋で生きてきたため、会社を譲渡した後のセカンドライフについて考えたことがありません。M&A後の人生設計は、どのように考えればよいでしょうか?

記事を読む
日本最初の「駅伝」レース、何と京都~東京間を走破|青学大もびっくり?

日本最初の「駅伝」レース、何と京都~東京間を走破|青学大もびっくり?

「駅伝の歴史ここに始まる」。こう刻まれた記念碑が東京・上野公園の不忍池のほとりに建つ。時は1917年4月、「東海道駅伝徒歩競争」がスタートは京都・三条大橋、ゴールは上野公園として行われたとあるではないか。

記事を読む
M&A税務(4)グループ通算制度(子会社売却で離脱する場合)

M&A税務(4)グループ通算制度(子会社売却で離脱する場合)

今回は、子会社売却(切離し)による通算グループからの離脱についてみていきましょう。100%子会社(譲渡企業)の株式をM&Aにより譲渡した場合の留意点について解説します。令和4年度税制改正大綱の改正案についても触れています。

記事を読む
「金融時事用語集(2022年版)」|編集部おすすめの1冊

「金融時事用語集(2022年版)」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部が今回紹介するのは「2022年版金融時事用語集」。1990年に創刊して毎年、版を重ねている。約200用語を厳選し、このうちの約4分の1は前回版と入れ替わっている。タイムリーは金融用語を知るにはもってこいの一冊。

記事を読む
旧村上ファンド系企業が新生銀行の全保有株を売却 2021年12月の大量保有報告書

旧村上ファンド系企業が新生銀行の全保有株を売却 2021年12月の大量保有報告書

M&A Online編集部が大量保有データベースで2021年12月の大量保有報告書などの提出状況を調べたところ、SBIホールディングスが新生銀行株を21.97%買い増し、保有割合を38.47%に高めたことが分かった。

記事を読む
「東京スカイツリー」開業10周年、2年後にターニングポイント到来か?|ビジネスパーソンのための占星術

「東京スカイツリー」開業10周年、2年後にターニングポイント到来か?|ビジネスパーソンのための占星術

東京スカイツリーが10周年の節目を迎える。日本のランドマークの一つに数えられるが、観光地としての集客力は低下傾向にある。観光的価値をどう発揮し、来場者を呼び込めるのか。ポストコロナを見据え、占星術の観点から東京スカイツリーの今後を展望する。

記事を読む
昨年は経済界での「下剋上訴訟」元年だった。今年はどうなる?

昨年は経済界での「下剋上訴訟」元年だった。今年はどうなる?

2021年は企業間で大きな「下剋上訴訟」が起こった年として記憶に残るだろう。かつては「顧客」である企業に訴訟を起こす事例は、ほとんどなかった。2021年はファーストリテイリングやトヨタなどが相次いで訴えられている。2022年はどうなるのか?

記事を読む
2022 新年ごあいさつ|M&A Online編集部

2022 新年ごあいさつ|M&A Online編集部

明けましておめでとうございます。日ごろ、「M&A Online」に声援をいただき、誠にありがとうございます。コロナとの戦いが長期化する中、M&A Onlineならではの情報発信に努めるべく、編集部一同、気持ちを新たにしています。

記事を読む
【2022年】パナソニックだけではない、今年もこんなにあるよ 上場企業の社名変更

【2022年】パナソニックだけではない、今年もこんなにあるよ 上場企業の社名変更

2022年もすでに20社を超える上場企業で社名変更が予定されている。その顔ぶれの中で、最大のビッグネームといえばパナソニックだ。

記事を読む
2022年はコロナを克服できるのか。治療薬の効果は?

2022年はコロナを克服できるのか。治療薬の効果は?

日本で初めてとなる軽症から中等症向け新型コロナウイルス感染症の飲み薬が2021年末に使用できるようになった。2022年はコロナ前の日常を多少なりとも取り戻せるだろうか。

記事を読む
【神社】2022年初詣、東京のど真ん中でコロナ越えを祈る

【神社】2022年初詣、東京のど真ん中でコロナ越えを祈る

2022年はコロナ禍を乗り越え、一日でも早くコロナ前の状況に戻ることを祈るばかりだ。そこで東京のど真ん中で、「医」「食」「旅」の守り神と言える神社をピックアップし紹介する。初詣の参考になれば幸いだ。

記事を読む
【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

新型コロナウイルス感染拡大の長期化に苦しんだ2021年の外食企業。集客に苦戦する外食企業各社は焼肉や寿司へと業態の幅を広げ、テイクアウトやデリバリーなど多角的な事業展開をするようになりました。その手法としてM&Aを積極活用する例が目立ちます。

記事を読む
【2021年】今年発売されたM&A関連本をすべて紹介します!

【2021年】今年発売されたM&A関連本をすべて紹介します!

2021年に出版されたM&A関連や事業承継をテーマにした本をすべて紹介します。

記事を読む
【製造業】2021年のM&A取引金額ベスト3は?

【製造業】2021年のM&A取引金額ベスト3は?

2021年の製造業におけるM&Aの取引金額トップは4月にベインキャピタルが日米連合で日立金属をTOBで買収すると発表した案件。2021年トップの同案件ですら前年では3位に該当する金額にすぎない。総じて製造業のM&Aは「小ぶり」な1年だった。

記事を読む
上場企業による子会社・事業の売却 2年連続で過去最多を更新

上場企業による子会社・事業の売却 2年連続で過去最多を更新

2021年(2021年1月1日~12月27日)に上場企業が子会社や事業を売却した案件が過去10年で最多となった。コロナ禍よる景気低迷が要因の一つで、過去最多を更新するのは2年連続。

記事を読む
【2021年】今年のM&Aを漢字1文字で表すと

【2021年】今年のM&Aを漢字1文字で表すと

「今年のM&Aを漢字1文字で表すとしたら…」M&Aに詳しい専門家、実務家に2021年のM&Aを振り返ってもらいました。

記事を読む