記事一覧

歴史ある活版印刷所「文林堂」 新しい形の事業承継とは

歴史ある活版印刷所「文林堂」 新しい形の事業承継とは

福岡県福岡市にある活版印刷所「文林堂」は、事業承継マッチングプラットフォーム「relay(リレイ)」を通し、無事後継者とのマッチングが成立。オープンに後継者募集をしたからこそ出会った二社に話を伺いました。

記事を読む
東海地方初のサーチファンドが誕生「百五銀行」がファンドと連携

東海地方初のサーチファンドが誕生「百五銀行」がファンドと連携

百五銀行は、サーチファンドを運営するGrowthix Investment (東京都中央区)と共同で、東海地方では初めてとなるサーチファンド「105東海みらいサーチファンド」を立ち上げた。

記事を読む
事業承継のカギを握る「サーチファンド」⑨成功事例から読み解く、承継前後のサーチャーの立ち振る舞い

事業承継のカギを握る「サーチファンド」⑨成功事例から読み解く、承継前後のサーチャーの立ち振る舞い

これまでサーチファンドの誕生、サーチャーに求められる要素、そして承継後にまず行うべきことなどを解説してきました。今回はサーチャーからエヌ・エス・システムの代表になった西澤泰夫氏との出会い、承継後の経営について、弊社が関わった案件を実例として紹介します。

記事を読む
ミズノからの出向起業、ユニークなシューズ販売会社のビジネスモデルとは? ストライク&関西電力共催イベントで語る

ミズノからの出向起業、ユニークなシューズ販売会社のビジネスモデルとは? ストライク&関西電力共催イベントで語る

ストライクは3月6日、スタートアップと事業会社の提携促進を目的とした交流イベント「第20回 Conference of S venture Lab.」を大阪市北区の関西電力エナレッジで開催。「関西のVCと語る、事業会社発スピンアウト・スタートアップのこれから」と題したトークセッションのほか、スタートアップによるピッチが行われた。

記事を読む
TOPPAN「アニメ」や「マンガ」などの日本発コンテンツ関連事業に着手 傘下に収めた英国社を活用

TOPPAN「アニメ」や「マンガ」などの日本発コンテンツ関連事業に着手 傘下に収めた英国社を活用

TOPPANホールディングスが、英国を中心とした欧州でアニメやマンガなどの日本発のコンテンツ関連事業に乗り出した。英国社の買収で可能になったもので、2030年に20億円の売り上げを目指す計画だ。

記事を読む
竹増社長が語る「ローソンがTOBでKDDIに期待するもの」

竹増社長が語る「ローソンがTOBでKDDIに期待するもの」

ローソンの竹増貞信社長が会見でKDDIが実施するTOBについて語った。同社がKDDIとの競合で描く未来のコンビニの姿とは。

記事を読む
アップル、カナダのAI新興企業買収 自社部門に人材移管=BBG

アップル、カナダのAI新興企業買収 自社部門に人材移管=BBG

米アップルがカナダの人工知能(AI)新興企業、ダーウィンAIを買収し、その従業員数十人を自社AI部門に移籍させたと、ブルームバーグ・ニュースが14日報じた。

記事を読む
「黒壁スクエア」ガラス文化に魅せられて|産業遺産のM&A

「黒壁スクエア」ガラス文化に魅せられて|産業遺産のM&A

かつて「黒壁銀行」といわれた国立第百三十銀行長浜支店と同市商店街が「黒壁」をテーマに蘇った。ガラス事業から多事業に展開し、年間200万人を超える観光客を迎えるまでになっている。

記事を読む
2024年に注目される10の技術トレンド 日本企業(CVC)が後れを取っている技術とは?

2024年に注目される10の技術トレンド 日本企業(CVC)が後れを取っている技術とは?

米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルであるペガサス・テック・ベンチャーズは2024年3月12日に「2024年トップ技術トレンドと日本企業が取るべき対策」と題したオンラインセミナーを開催した。

記事を読む
【東陽テクニカ】怒涛の買収を始めた“はかる”技術の専門商社

【東陽テクニカ】怒涛の買収を始めた“はかる”技術の専門商社

東陽テクニカがM&A攻勢を強めている。2008年以降は2件だったが、2023年に入ってから4件のM&Aを続けざまに実施した。今期で修了する中期経営計画「TY2024」では「M&Aによる事業拡大」を打ち出しており、アクセルを踏み込んだようだ。

記事を読む
倒産・廃業が相次いでいるのに書店でM&Aが進まない理由

倒産・廃業が相次いでいるのに書店でM&Aが進まない理由

書店の減少が止まらない。東京商工リサーチによると、2014年以降に書店は倒産・休廃業が新設を上回る状態が続き、10年間で764社が姿を消した。政府も危機感を強めている。一方で、M&Aによる業界再編は進まない。なぜ書店のM&Aは進まないのか?

記事を読む
京成電鉄がオリエンタルランド株を全株放出したらどうなる

京成電鉄がオリエンタルランド株を全株放出したらどうなる

京成電鉄が保有するオリエンタルランド株を801億円で売却する。同社はオリエンタルランド株の22.15%を保有しており、今回は1%を手放した。京成に出資するアクティビストからの要請を受けての措置だ。もし同社が全保有株を売却するとどうなるのか?

記事を読む
サッカーの女子プロ「INAC神戸レオネッサ」を傘下に収めた大栄環境 企業買収を積極化

サッカーの女子プロ「INAC神戸レオネッサ」を傘下に収めた大栄環境 企業買収を積極化

産業廃棄物処理などを手がける大栄環境がM&Aを積極化させている。同社は2024年に入って、サッカーの女子プロ「INAC神戸レオネッサ」を運営するアイナックフットボールクラブを子会社化したのを含め3件の企業買収に踏み切った。

記事を読む
香港ファンドのオアシス、ドラッグストア2位「ツルハ」の次は調剤薬局首位「アイン」を標的に

香港ファンドのオアシス、ドラッグストア2位「ツルハ」の次は調剤薬局首位「アイン」を標的に

隣接するドラッグストア業界と調剤薬局業界をめぐり、横断的な再編の動きがにわかに高まってきた。その引き金を引く格好となったのが他ならぬモノ言う株主だ。

記事を読む
「喫茶室ルノアール」と「椿屋珈琲」に、ようやく落ち着きが

「喫茶室ルノアール」と「椿屋珈琲」に、ようやく落ち着きが

喫茶店の「喫茶室ルノアール」などを展開する銀座ルノアールと、「椿屋珈琲」などを展開する東和フードサービスの中堅喫茶店の業績が回復してきた。銀座ルノアールは営業損益が黒字化し、東和フードサービスは2期連続の営業黒字を確保できる見込みだ。

記事を読む
業務効率化と生産性向上の方法 ~省くべき5つのムダと省いてはいけない3つのこと➁

業務効率化と生産性向上の方法 ~省くべき5つのムダと省いてはいけない3つのこと➁

年度末などに自身を振り返ると、「ムダが多いかも」と思うことはありませんか?今回は、業務における「省くべきムダ」と「省いてはいけないこと」を見極める方策を全4回に渡ってお伝えします。本日は第2回目です。

記事を読む
【セガサミーホールディングス】経営統合から20年の節目、新たな飛躍の行方は?|ビジネスパーソンのための占星術

【セガサミーホールディングス】経営統合から20年の節目、新たな飛躍の行方は?|ビジネスパーソンのための占星術

アミューズメント大手のセガ、サミーの両社が2004年10月に経営統合し、現在のセガサミーホールディングスを発足させて20年の節目を迎えた。この機会をとらえ、次の飛躍を占う。

記事を読む
豊田家によるトヨタ自動車のMBOは可能か?

豊田家によるトヨタ自動車のMBOは可能か?

2024年に入ってMBOが目白押しだ。2月末までの2カ月間に7件も開始され、TOB全体の過半数を占める。目立つのがオーナー系企業で5社に上った。今後もこの傾向は続くだろう。それでは国内最大のオーナー経営企業であるトヨタでMBOは可能なのか?

記事を読む
【2月のM&Aサマリー】98件と過去10年で最多に|ドラッグストア業界に大きな動き

【2月のM&Aサマリー】98件と過去10年で最多に|ドラッグストア業界に大きな動き

2024年2月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月比21件増の98件となり、過去10年で最多を記録。取引総額は1兆775億円と2か月連続で1兆円を超えた。上位にはMBO(経営陣による買収)が並び、金額未確定・非公表ながらドラッグストアが関わる大型案件も連続した。

記事を読む
【コロワイド】コロナ禍の中、抑えていたM&Aを再開

【コロワイド】コロナ禍の中、抑えていたM&Aを再開

レストランや居酒屋などを運営するコロワイドが、M&Aにアクセルを踏み込んでいる。コロナ禍の中、大戸屋ホールディングスをTOB(株式公開買い付け)で子会社化した2020年9月以降は、企業買収が止まっていたが、再び成長に向け動きだした格好だ。

記事を読む
日産、米EVメーカー・フィスカーへの600億円投資に成算は?

日産、米EVメーカー・フィスカーへの600億円投資に成算は?

日産自動車が米EVスタートアップのフィスカーに600億円規模の投資をするとの報道が飛び出した。日産は資本関係がある仏ルノーのEV新会社・アンペアに出資する予定で、フィスカーへの出資が日産のEV戦略にどう位置づけられるのか注目されている。

記事を読む
「杵屋」と「丸亀製麺」業績の回復スピードに差が その要因は

「杵屋」と「丸亀製麺」業績の回復スピードに差が その要因は

うどん店「杵屋」などを展開するグルメ杵屋の業績の回復スピードが上がらない。当初2024年3月期に黒字化を見込んでいた経常損益が5期連続の赤字に陥る見込みだ。うどん店「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングスとは対照的だ。

記事を読む
アップルカーの開発中止で「EVから撤退」と考えるのは早計

アップルカーの開発中止で「EVから撤退」と考えるのは早計

米アップルが10年にわたって取り組んできた電気自動車(EV)開発が中止になったと、米メディアが伝えている。市場が急拡大している人工知能(AI)に注力するための「選択と集中」に伴う措置。だが、これでアップルがEVから撤退すると見るのは早計だ。

記事を読む
鉛筆の「ユニ」を製造する「三菱鉛筆」34年ぶりに外国社を買収

鉛筆の「ユニ」を製造する「三菱鉛筆」34年ぶりに外国社を買収

鉛筆の「ユニ」で知られる三菱鉛筆が、34年ぶりに企業買収に踏み切った。2024年3月15日にドイツの筆記具メーカーであるC. Josef Lamy GmbH(ラミー、ハイデルベルク)を子会社化するのだ。

記事を読む
「ユニクロ」の柳井氏や「スノーピーク」の山井氏らが売却 2024年2月の大量保有報告書

「ユニクロ」の柳井氏や「スノーピーク」の山井氏らが売却 2024年2月の大量保有報告書

M&A Onlineが大量保有データベースで2024年2月の大量保有報告書などの提出状況を調べたところファーストリテイリングの会長兼社長の柳井正氏が、同社株を1.02%売却し、保有割合を42.3%に引き下げたことが分かった。

記事を読む

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5